プリンセスクルーズ、2025/26日本シーズン延長

1 min read

日本で作られたダイヤモンドプリンセスが、地元の紅葉、富士山、京都、その他のハイライトを披露するために戻ってきました。 船は横浜から出発します。

その後、ダイヤモンドプリンセスは東南アジアクルーズ旅行のためにシンガポールに移動し続けます。

11の新しい日本航海

2025年秋、日本シーズンには9日から22日まで11の新しい航海が提供され、国内25の目的地と韓国および台湾の寄港地を訪問します。

その中には13日間の「Circle Japan Fall Foliage」航海があります。 長崎、秋田、堺港に停車する9日間の「一周日本」航海。 そして沖縄と石垣を含む9日間の「南部島」旅行日程。 10日間の「九州&韓国」クルーズには、広島、大阪(京都)、清水(富士山)訪問が含まれます。

最大40日間のクルーズ旅行のスケジュールを組み合わせることができます。

東南アジア航海

日本シーズンが延長された後、ダイヤモンドプリンセスは12日間の「東南アジアおよび日本」クルーズに乗ってシンガポールに航海し、陵龍(台北行き)と香港を寄港して3回往復シンガポール航海を開始する予定です。

これには、プーケット、ポートクラン(クアラルンプール)、プミ(ホーチミン市)などの港を寄港する14日間の「マレーシア、タイ、ベトナム」クルーズと16日間の「マレーシア、タイ、ベトナム」クルーズが含まれます。 ユネスコ世界文化遺産であり、ハノイに向かう玄関口であるハロン湾を見学して出発します。 シーズンはシンガポールから横浜に戻り、香港と清水で深夜滞在をする14日間の「東南アジアおよび日本」クルーズで仕上げられます。

READ  日本は37カ国の中で最も脆弱な人々に食糧支援のために1億1000万ドルを提供しています。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours