スポーツ

プレミアリーグ、SPOTVサブライセンス契約で日本アベマ放送

アベマは 確保 ストリーミングサービスがイングランド最高のサッカー中継パートナーであるSPOTV Nowとサブライセンス契約を締結した後、2022/23シーズンに対するプレミアリーグの日本中継券パッケージ。

この取引により、Cyber​​Agentが所有するプラットフォームは、無料放送(FTA)の提供を含む、今後のキャンペーンで114のゲームを放送します。 日本の出版物によると 日経これらのうち57は、国家代表チームのスターであるArsenalの武弘弘氏とBrightonのKaoru Mitomaが登場する試合に焦点を当て、ペイウォールの前にあります。

1月にSPOTVが日本でプレミアリーグ権利を獲得し、今後の2022/23キャンペーンと2024/25シーズン末まで3年契約を締​​結したことが確認されました。

イギリスに拠点を置くスポーツストリーミングメディア会社DAZNは、以前はPremier Leagueの日本放送パートナーであり、SPOTVと別の潜在的なサブライセンス契約について議論していました。 しかし7月21日、DAZNはこの会談が成功しなかったことを確認しました。

DAZNは、声明を通じて「イングランドプレミアリーグ中継権を引き継ぐために関連当事者と協議を続けてきた。 [the 2022/23] しかし、残念ながら、現時点では次のシーズンの権利を獲得できませんでした。

アベマのプレミアリーグ契約は、11月に始まる今後の2022カタールワールドカップの64試合を含む強力なサッカーポートフォリオに追加されます。

READ  日本の野球スター鈴木星矢、MLB準備完了

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close