スポーツ

プロサーファーコーナーオリオリ、日本の遺産

プロサーファーであるConnor O’Learyは、オーストラリアの波に乗って育ったが、常に日本との強い絆を感じました。

彼の母親であるAkemiは日本人であり、言語も話す。

27歳のO’Learyは、オーストラリアで生まれ誇りオーストラリアだが、彼の日本の遺産は、彼のアイデンティティの同様に重要な部分です。 だから、今年、彼は世界のサーフィンリーグで両国を代表する方法で、既に制服を飾ったオーストラリアの国旗に日本国旗を追加して、サーファーとして、自分が誰なのかをよりよく見せることを決定しました。 (WSL)チャンピオンシップツアー。

O’LearyはThe Japan Timesに「両国を代表する機会を持つことができ、私は一生持っていた多文化主義を持つことができるのは素晴らしいです。」と言いました。 「少し成熟しながら第日本の遺産を認める時が来たような感じがしました。」

O’Learyは、両国を代表するのは、しばらくの間、持っていた真剣な議論をしたことがないと言いました。 彼の妻から、必要な圧力を受けたが、彼は「突然」と彼に一度してみろました。

「WSLに持って行った彼らはすべてのことについては本当に肯定的で支持している。」と彼は言いました。

O’Learyはプロだった彼の母親と熱心なサーファーだった父の後を継いで若い年齢でサーフィンを始めました。

彼は2016年にWSLの予選シリーズチャンピオン、2017年のチャンピオンシップツアー新人賞を受けました。 彼は2018年のシーズンを苦労して送ったが、2019年のQシリーズでペアのイベントを勝つために戻って、今回のチャンピオンシップツアーに戻ってきました。 年。

日本は常にO’Learyの故郷でした。 育った彼は、ほぼ毎年、母と一緒に日本を旅行し、主に祖父母が住んでいる東京の国立(Kunitachi)を中心に、日本で2ヶ月を過ごした。 彼はまた、神奈川県の湘南地域でトレッキングをし、時々そこでサーフィンをすることができました。

このような日本の旅は、O ‘Learyが彼の日本の遺産との強い関係を維持するのに役立ちました。

「私の大部分が日本人であるという事実が私に植えられました。」と彼は言いました。

彼はまた、彼の言語能力を磨くことができました。

「子供の頃の母は英語をあまりし与える知らなかった。 「だから、英語を学ぶ前に、実際に日本語を学びました。 ママの英語の障壁のために、彼女はその日あまりにも多くの英語を話さなかった。 だから、日本に戻って、毎年の言語と文化を上記できるようになったのは、私が日本語を話す方法をたどることができたオーストラリアの戻ってくるたびに、英語を学ぶのに大きな助けになりました。 “

制服に日の丸を持ってサーフィンすることはオリオリに個人でオーストラリアの国旗を持っているかのように自然なことです。

もちろん接続はサーフィンのための彼女の愛を受け継いだ母親から開始されます。

Akemi Karasawa(現在O’Leary)は、海の近くで育っていない。 しかし、20歳の頃、彼女は湘南地域に引っ越しました。 彼女は海の近くの生活に定着して yakiniku (焼いた肉)レストランは、すぐにサーフィンの愛を提起した。

彼女は最終的には競争的にサーフィンすることができるレベルに向上しました。 1985年には、日本のプロサーフィン協会のグランドチャンプでした。 1992年に彼女はSurfin Life今年の女性サーファーに選ばれました。

彼女は最終的には、オーストラリアに移住して、競争で夫Finbarに会った。 1993年に夫婦は息子を世界に迎えました。

彼らは彼の水に導入するために時間を無駄にしなかった。 子供の頃O’Learyは、親と一緒にサーフィン旅行を去り、最初は海岸周辺にとどまったが、年齢とともに、最終的に水いきました。

「私は若い年齢で海を体験することができ、海のような生の環境で可能な限り快適ことができるという点が非常に幸運だと思います。 若い年齢」と彼は言った。

O’Learyはまた、彼の母親が競合するのを見ることができた、日本で一イベントで彼女を完全に国外たこと思い出しました。

「当時、8〜9歳程度だったと思います。」彼は言った。 「彼女は予選で非常によくあった、最終的にイベントで優勝しました。 その私は「うわー、お母さんがサーフィンを本当に上手ですね」のようだった。

「当時の女性のサーフィンは今ほど認められなかったようです。 幸運にもサーフィンをする親が一人もなく、両方あって、より良いサーファーはお父さんではなく、母であり、本当に素晴らしい感じでした。 第キャリアを開始し、お母さんがいる、そのステージに到達することができる力と献身を注ぐされたのは、非常に大きなインスピレーションを与えます。」

O’Learyは彼の母親の性格 – 「私の母は非常に競争力のある女性です」 – 彼にこすりなったし、二人のサーファーの息子が彼のキャリアの中で役立ったと言います。

「非常に分析的なスポーツであるため、両親がサーフィンをよく知っていて、長い間してきたので、両親やアイデアを振り払うことができるということは、素晴らしいことです。」と彼は言いました。

彼の母親と同じようにO’Learyは水で素晴らしい技術を示しました。 彼はすでにキャリアでいくつかの成功を収めたが、今年はオーストラリアの国旗と日本の日の丸を飛行しながら個人的なマイルストーンを達成するために集中しています。

「今年の目標は、確かにワールドチャンピオンシップツアーイベントで優勝すること」と述べた。 「おそらく今ではこれが私の主な目標である。 数年前に2位をしたため、1位を占めることができるということは、確かに今年最高のチェリーになります。 “

誤った情報と情報があまりにも多くの時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  ログリッチが大会初の1級山岳仕上げを抑制アラフィリップリードを維持 - ツールドフランス2020第4のステップ| cyclowired

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close