スポーツ

プロボクシングは日本で大きい

フィリピンのプロボクシングは世界チャンピオンなしで一年を終えていますが、アジアのボクシングで最も強力なライバルについての話は異なります。

日本のプロボクシングは近年信じられないほど繁栄しています。 1年が終わる頃、日本には4人の世界チャンピオンがあり、そのうち2人はシングルベルトを持っています。

日本の飛行中隊をリードしているのは、WBA-WBC-IBF統合バンタム級(118ポンド)チャンピオンNaoya「The Monster」Inoue(23-0、20ノックアウト)です。 3つの体級(ジュニアフライ級、ジュニアバンタム級、バンタム級)世界チャンピオンの井上は、12月13日WBOのポールバトラーと確実なバンタム級ハードウェアを置いて対決する予定です。

すでに今日のスポーツで最高のポンドフォーポンドチャンピオンの一人であると思われる井上がバトラーを破った場合、アジア初の4大ベルト時代のチャンピオンになります。 Inoueは6月7日、Nonito “The Filipino Flash” Donaireを第2ラウンドに追いやり、WBCベルトを獲得しました。 WBC、WBA、およびIBFベルトをすでに所有している井上は、バトラーに勝つと4つの主要ベルトをすべて所有できます。

Inoueの足跡に従いたいもう一つの日本チャンピオンは、WBA-WBCジュニアフライ級(108ポンド)のKenshiro Teraji(20-1、12ノックアウト)です。

最新ニュースを入手


受信トレイに配信

マニラタイムズの日刊ニュースレターを購読してください。

メールアドレスに登録することで、利用規約とプライバシーポリシーを読み、同意することを認めます。

テラジはボクサーの家族出身です。 テラジの父親である日沢テラジは、かつて東洋太平洋ボクシング連盟ライトヘビー級タイトルを持っていた。 Terajiは父の後に続き、2014年8月にプロに転向しました。

「アメージングボーイ」と呼ばれるテラジは、当初、2017年から2021年までWBCジュニアフライ級(ライトフライ級とも呼ばれる)ベルトを保有していましたが、予告されていない矢吹正明(Masamichi Yabuki)によって3ラウンドで中断されました。 去る3月19日再対決でテラジは矢吹を3ラウンドで破ってWBCベルトを取り戻した。

去る11月1日、TerajiはWBCとWBAジュニアフライ級ベルトを統合するために7回の拍動のラウンドでWBAのHiroto Kyoguchiを破った。 細身のボクサーとしてよりよく知られているテラジは、攻撃に総力を傾け、第七凧で致命的な右手で京口を仕上げました。

Inoueと同様に、Terajiは自分の体給で確実なチャンピオンになることを目指しています。 WBC-WBAチャンピオンは、プエルトリコのWBO相手ジョナサン・ゴンザレス(Jonathan Gonzalez)との統一戦を見守っています。 Gonzalez(25-3、14KO)は、Teraji-Kyoguchiのアンダーカードで日本のShokichi Iwataの決定でWBOベルトを維持することによって、Terajiとの戦いのためにコースを維持しました。

彼がGonzalezを越えたとき、Terajiが集める唯一のベルトは、南アフリカのSive Nontshinga(11-0、9ノックアウト)が保有するIBF王冠です。

現在、日本の世界ボクシングチャンピオンのリストを締めくくるのは、WBOジュニアバンタム級(115ポンド)チャンピオンのイオカカズトとWBO最小級(105ポンド)のタイトルリスト谷口正高です。

ベテランイオカ(33)は去る7月13日フィリピンチャンピオンドニー「アハス」ニエテスを破って決定的な勝利を収めた4体級世界チャンピオンだ。 日本でコロナ19が再拡散し、戦いが無産になった。

28勝2敗15KO勝ちを収めたイオカは、アンカハスの勝者アルゼンチンのフェルナンド・ダニエル・マルティネスとの試合を注目している。 Martinez(15-0、8ノックアウト)は2月にIBFチャンピオンとしてAncajasを廃止し、10月に再戦でトリックを繰り返しました。

マルティネスはアンカジャスを破った後、イオカに会うという意思を明らかにし、記者たちにこう言いました。

Masataka Taniguchi(28)は、2019年2月にWBO最小級タイトルの最初の入札でフィリピンのVic Saludarに敗れました。 Taniguchi(16-3、11ノックアウト)は2021年12月にプエルトリコのWilfredo Mendezを破り、WBOベルトを獲得して反騰しました。 2019年8月、Saludarでベルトを獲得したMendezは、Taniguchiによって11ラウンドで中止されました。

日本のプロボクシングは近年確かに発展し、間違いなく井上の気まぐれな怪我に触発されました。

日本は80人を超える世界のボクシングチャンピオンを輩出しました。 信じたり、日本は1952年フィリピン選手を犠牲にして初の世界チャンピオンを誕生させました。

1952年5月、白井吉夫は世界フライ級(112ポンド)チャンピオンシップでフィリピンの両親から生まれたハワイのダド・マリーノを破った。 白井は日本初の世界プロボクシングチャンピオンになりました。 Shiraiは、1954年11月にアルゼンチンの偉大なPascual Perezに敗北するまで、世界のフライ級タイトルを保持しました。

日本のプロボクシングは白井の即位以来、長い道のりを来たと言えます。

READ  久保建英、EL3アシスト目の活躍を海外記者賞賛 "エメリーはなぜベンチに置くか理解している」| Football ZONE WEB /サッカージョンウェブ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close