プーチン・キム取引:韓国、国境緊張高調でロシア大使召喚

1 min read

ソウル、韓国(AP) – 韓国は金曜日にロシア大使を召喚し、北朝鮮との新しい防衛協定に抗議しました。 漠然とした脅威と北朝鮮軍の一時的かつ偶発的な侵入により、国境の緊張が引き続き高まっている中です。

これに先立ち金曜日の午前、北朝鮮の指導者キム・ジョンウンの強力な妹は、南側の活動家たちが対北朝鮮宣伝せん断を盛り込んだ風船を国境を越えて飛ばした後、漠然とした報復脅威をし、韓国軍は前日警告射撃を加えてこれを撃退したと話した。 今月に入って三番目に敵国の国境をしばらく超えた北朝鮮軍。

これはモスクワと平壌が合意してから二日ぶりに出てきたのだ。 相互防衛支援を誓う どちらか一つでも攻撃を受けるなら、ソウルは翌日そうすると答えた。 ウクライナへの武器の提供を検討する ロシアの侵略に対抗するために。

キム・ホンギュン外交部一次官は、ゲオルギー・ジノビエフロシア大使を呼び、ウラジミール・プーチンロシア大統領と金正恩委員長の合意に抗議し、北朝鮮との軍事協力疑惑を直ちに中断するよう促した。

金外交官は、北朝鮮の軍事力強化を直・間接的に助けるどのような協力も国連安全保障理事会決議に違反し、韓国の安全保障に脅威になるだろうと強調し、韓国とロシアの関係にどのような結果が出るか警告した。

ジノビエフはモスクワの相関に韓国の懸念を伝えると答えたと国防部は明らかにした。

近年、韓国の民間活動家のチラシキャンペーンが再開されました。 冷戦風心理戦 南北国境に沿って。

脱北者パク・サンハク氏が率いる韓国の民間人活動家たちは宣伝チラシ30万枚、韓国大衆歌謡とテレビドラマが収められたUSBメモリ5,000個、そして韓国の国境村で米ドル3,000ドル紙幣を入れた風船20個を送ったと話しました。 木曜日の夜の坡州。

北朝鮮はそのような資料に憤慨しており、最前線の軍隊と住民の詐欺を低下させ、最終的に金正恩の権力掌握力を弱めることができると懸念しているとアナリストは言う。

北朝鮮官営朝鮮中央通信が発表した声明で、彼女の兄の対外政策上級幹部の一人であるキム・ヨジョンは活動家を「脱北者ごみ」と呼び、報復脅威と見られる内容を発表しました。

彼女は「しないでください」と明らかに警告を受けたことをすればしなくてもいいことをすることが当然だと言いながらも、北朝鮮がどうするかは具体的に明らかにしなかった。

以前に韓国の活動家がチラシを配布した後、北朝鮮は1,000以上の風船を発射し、韓国に膨大な量のゴミを落とし、瓦や窓を壊し、その他の財産被害を被りました。 キム・ヨジョンは先立って北朝鮮が「私たちに散らばるよりも数十倍多くのゴミを散布するだろう」とし、北朝鮮のせん断散布に対する北朝鮮の標準対応が風船になることを暗示したことがある。

これに対応して韓国は再開した。 対北宣伝放送 キム・ヨジョンは別の国営メディアの声明で韓国が「非常に危険な状況に対する序曲を作っている」と警告した。

キム・ジョンウンが核兵器とミサイル開発を加速し、米国が主導する西側との対決で、ウラジミール・プーチンロシア大統領と同盟を結んで地域基盤を強化しようとすることで、南北間の緊張は数年ぶりに最高潮に達した。

米国の支援を受けて武器輸出国に成長している韓国は、これに対応してウクライナに対する支援を増やすことを検討していると述べた。 韓国はすでに米国が主導するロシアに対する経済制裁に参加し、人道的支援などを提供している。 しかし、紛争に積極的に参加している国には武器を供給しないという長年の政策を理由に直接武器を提供することはありませんでした。

プーチン大統領は木曜日、ベトナムのハノイで記者たちにウクライナに武器を供給することは「非常に大きなミス」になるだろうと話し、韓国は北朝鮮に対する攻撃を計画しなければ協定について「心配する必要はない」と話しました。

外交部はチョ・テヨル長官が去る2日、アンソニー・ブリンカーン米国国務長官、上川洋子日本外務相とそれぞれ電話通話を持って韓米FTA交渉を議論したと明らかにしました。 外交部は今回の協定が地域の平和と安定に深刻な脅威となることに同意し、モスクワと平壌間の同盟によって提起される挑戦に対処するために三国共助を強化することを約束したと、朝外交部は声明を通じて明らかにした。

北朝鮮は、金委員長の独裁統治に対する批判と、外国のニュースやその他のメディアを通じて自国民に近づこうとする努力に非常に敏感です。

2015年、韓国が11年ぶりにメガホン放送を再開すると、北朝鮮が国境を越えて砲弾を撃つと、我々もこれに応受したと当局者は伝えた。 死傷者は報告されなかった。

韓国軍は北朝鮮がまだ機能していないが、国境に独自のスピーカーを設置しているという兆候があると述べた。

今回の国境事件で合同参謀本部は不特定建設作業に従事する北朝鮮軍人数人が木曜日午前11時ごろ南北を分ける軍事境界線をしばらく渡ったと明らかにしました。

韓国軍は警告放送をして警告射撃を加えると北朝鮮軍は退却した。 合同参謀部はなぜ情報を一日遅く公開したのかなど、詳細を即時に公開しなかった。

韓国軍は北朝鮮軍が警告射撃後も反撃及び後退しなかったため、最近の国境侵入は故意ではないと信じていると明らかにしました。

南韓軍が観察したことがある。 北、最前線に大規模兵力を配置 疑わしい対戦車の障壁を建設し、道路を強化し、地雷を設置し、国境を強化するという明白な試みをしました。 政府は今回の措置が北朝鮮の民間人と軍人の韓国脱出を防ぐためのものである可能性が高いと見ている。

READ  アレクセイナバル君、ロシアの裁判所の判決
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours