ベインは58億ドル規模の融資再融資のための道を設けるために日本キオキシアのIPOを提案したと消息筋は伝えた。

Estimated read time 1 min read

浦中美穂

東京(ロイター) – ベインキャピタル(Bain Capital)は、赤字チップメーカーが6月満期が到来する58億ドル貸出金を再融資できるようにする計画の一環として、日本キオキシアホールディングス(Kioxia Holdings)の企業公開( IPO)を提案したと伝えた。 問題。

ベーンとキオクシアは月曜日、三井住友、水戸、三菱UFJなど銀行グループと出会い、9000億円(58億ドル)の条件に違反する可能性があるため、貸し手がキオキシアに資本拡充計画を設けることを促した。後に会いました。 その人はシンジケートロンだと言った。

以前、東芝メモリーは、2018年に180億ドル規模の分割でベーンが主導するグループに買収されました。 関係者によると、メモリチップメーカーは先月の終わりの年に損失を記録すると予想されます。 これは、2回目の連続年間損失を記録し、純資産が融資条件に応じて必要な約5000億円を下回ることになると関係者は述べた。

キオクシアは銀行に提出した計画により、2025年3月までに約1300億円の収益を上げ、黒字転換を期待している。

個人は情報が開示されていないため、本人確認を拒否しました。 Kioxiaの財政の詳細は、Reutersが銀行に提出した計画レビューによって確認されました。

キオクシア、水戸、三菱UFJはコメントを拒否した。 三井住友はコメントの要請にすぐには答えなかった。 ベーンにはすぐに連絡してコメントを受けられませんでした。

($1 = 154.5300円)

(報道:浦中美穂、追加報道:山崎真紀子、白木真希、編集:久保信宏、デビッドドラン)

READ  日本の新中国の現実 - WSJ
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours