ベシャ知事、公務員が来週日本、韓国に経済開発を訪問

1 min read

従業員レポート

アンディ・ベシャ知事は金曜日に政権管理を率いて、来週後半に日本と大韓民国に経済開発旅行に行き、州に新たな雇用を誘致すると発表した。

このグループは現在、ケンタッキーと縁のある企業のリーダーと米国への将来の投資を検討している企業と会う計画だ。

アンディ・ベシャ知事(ケンタッキー・トゥデイのNKyTribuneファイル写真)

知事の訪問は、連邦史上最も高い民間部門投資数値で仕上げられた最初の任期によるものです。 Beshear政権が始まって以来、アジアに本社を置く会社で88のプロジェクトを発表し、これは約130億ドルの投資と13,000の新しい雇用を意味します。

ケンタッキー州には、州全体で117,000人以上を雇う約540の国際所有事業があります。 この州には、47,000人を雇用する200の日本所有施設と1,200人を雇う7つの韓国所有施設があります。

「アメリカでケンタッキーよりもビジネスをするには良いところはありません。今回の訪問を通じて、日本と韓国の企業リーダーたちと直接そのメッセージを共有できるようになりました」とBesherは言いました。 「既存の雇用者と出会い、コモンウェルスに良い仕事をもたらす新しい関係を発展させることを楽しみにしています。」

ケンタッキー州知事とともにイギリスのファーストレディ・ベシャ、経済開発内閣長官ジェフ・ノエル、交通部長官ジム・グレイと政権他のメンバーが参加するこのイベントで、ケンタッキーチームは企業と貿易団体と協働し、州内の将来の投資と雇用創出の機会を議論します。

ケンタッキー代表団は、既存のケンタッキー雇用主および潜在雇用主とともに米国問題軽鍛練委員会と会合する予定です。

ベシャ知事とグレイ大臣はまた、大韓民国警察庁と会合し、運転免許相互認定協定に署名する予定です。 この協定は、長期にわたって米国に移住する従業員が職場への効果的な交通手段を備え、米国への移行を容易にすることを可能にします。

知事事務所

READ  繁栄するインドと日本のビジネスパートナーシップインド
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours