スポーツ

ベッテル「アストンマーティンF1に初めてシャンパンを味わい合わせる」/ F1バーレーンGP木曜日の記者会見[F1-Gate.com]

F1トルコGPで久々のシャンパンファイトをしたセバスチャン・ベッテルは、自分がアストンマーティンF1に初めてシャンパンを味わい合わせる人になることを望んでいる。

2020年のシーズンが終わったとセバスチャン・ベッテルの6年間のフェラーリF1の任務は終了する。 4回のF1ワールドチャンピオンであるベッテルはフェラーリにタイトルをもたらすことができず、特に2020年は大変なシーズンになった。

しかし、私は元F1トルコGPで1年ぶりに表彰台を獲得した。 素直にそれを喜んだ。 F1バーレーンGP木曜日の記者会見で、再び表彰台の感情について質問したセバスチャン・ベッテルは、「このように長い期間があいているので、表彰台に戻って少しずつかもしれませんが嬉しかった」と語った。

「以前に彼らが提供するシャンパンではなく、スプライトとし、それはすぐに戻ってくる理由かもしれないですね」

「もちろん、トロフィーを受け取ることができたのは良かった。さらに、ルイス(ハミルトン)の重要な仕事を目撃することができたのも正直良かった “

ルイスハミルトンはF1、トルコGPで勝利を祝って記録的な7回F1ワールドチャンピオンを手に入れた。 セバスチャン・ベッテルとハミルトンは、過去11年で10回のF1ワールドチャンピオンを獲得している。

ルイス・ハミルトンとの関係は友情か、尊敬のかと質問したセバスチャン・ベッテルは、「とにかく、私たちをつなぐ何かがあると思う。私たちがレースを愛し、スポーツで何かを達成したと考え、「

「私たちは、毎日ごろごろしているわけではなく、複数の面で非常に異なってですが、お互いに多くの尊敬を持っていると思う」

「それは友情のために良い基礎である。しかし、より多くの時間を費やして後ろ実現するかもしれない。年を重ねるごとに、私たち親しくされているかもしれない」

現在ルイス・ハミルトンはまだ2021年のメルセデスF1との契約にサインしていないが、セバスチャン・ベッテルは2021年アストンマーティンF1として知られてチームに移籍する。

F1トルコGPの2位に終わって表彰台に上がった別のドライバであるセルジオ・ペレスは、セバスチャン・ベッテルが来年交換するドライバである。

セバスチャン・ベッテルは、新生アストンマーティンF1に初めてシャンパンを味わい合わせる自分になることを期待していると述べた。

「最初の表彰台でシャンパンを味わい対面になるかもしれない」とセバスチャン・ベッテルは笑顔で言った。

「それを実現することができていることを願っている。非常に有望な明るい未来だと思う。確かに多くの良いことがある。参加状況がどのように見えるかを見シャンパン手に入れるためにできることをすることが待つことができない ”

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / アストンマーチン

READ  ピエールオクラホマ "ホンダはF1を続けていれば、タイトルを否定することができただろう」[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close