世界

ベツレヘムコロナ人不足| au Webポータル国際ニュース

例年、多くの人で賑わう性誕教会の前の広場。クリスマスイブの日に控えた大きな木の周りは閑散とした= 2020年12月23日午後6時40分、ベツレヘム、高野料撮影

クリスマスを迎えた、キリスト教の聖地が閑散としている。 新型コロナウイルスの感染拡大に都市封鎖が相次いで、お祭りの様子そのものを変えてしまった。

キリストの生誕地とするパレスチナのベツレヘム。 例年クリスマスツリーとミサを目的として、世界各国の人々が訪れるが、今年は世界遺産の城誕教委員会の前輝くツリーの前でも影は足りない。 地元の人々が写真を撮って、お互いの姿がちらほら。 風船を行商男性は小型ぶさた階段に座っていた。

三人の子供を連れて23日に訪れたムハンマドができベイ(32)氏は、「毎年来ているが、このような状況は初めてだ。普段は広場は人でいっぱいです。ウイルスの両方が変えてしまったし。」

パレスチナとイスラエルの拡散を防ぐための都市封鎖が断続的に続いて、外国人観光客が訪れることが難しい状況が続いている。 性誕教会に隣接する聖カテリーナ教会から24日の夜に行われるミサも今年は聖職者しか参加できなくなった。 ミサの様子はオンラインで中継されるという。

ベツレヘムの観光産業にも、12月流し込み時コロナ災害の打撃が大きい。 ホテルで働くモハメドサラさん(24)は、3月以降、職場を閉鎖し、仕事がないという。 「もともとは、この時期、ホテルはどこも満室だ」とため息をつく。

周辺の商店街もドアを閉めたままの店が並んでいる。 プレゼント用ネックレスなどを販売マフムードとバハ氏(27)は、「売上高は90%程度低下した。今は日雇いの仕事で何とかしている。来年には少し良くなることを願っている」と述べた。

約13億人の信者がいるローマカトリックの総本山バチカン広場は24日午前、警察以外はほとんど客がいなくなった。

例年であれば、サンピエトロ大聖堂前の広場に建てられたクリスマスツリーとキリスト誕生のシーンモデル「プロレジェピオ “に多くの信者や観光客が押し寄せる。 しかし、今年は24日、イタリア全土で都市封鎖が始まった。

広場では、通りすがりの散歩中の人や聖職者も警察官が「止まらずに移動」と監視。 すべての外出行き先などを書いた申告書が必要、イタリアのカトリック教会は、国内の信者に近くの教会でクリスマスミサに参加するように呼びかけている。 ローマの教会の花嫁パウエルブルースブーツィンスキー(53)氏は、「クリスマスを家族と一緒に祝うことを忘れていない場合、今年は新型コロナ痛み、世界中の人々を思いながら、すべての祈りたい」と話した。

バチカン報道室によると、シスコ教皇(84)が行わクリスマスイブのミサも大聖堂に入る聖職者を最小限に抑える絞るする。 イタリアでは、午後10時から夜間外出が禁止されているので、開始時刻を2時間繰り上げ、午後7時半からだった。 (ベツレヘム=高野遼、ローマ=河原田真一)

READ  最後TV討論トランプ "やや勝利"バイデン優位の大勢は変わらず、選挙戦は最終盤に| 冷泉彰彦| コラム

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close