経済

ベテラン経済学者Bibek Debroyは、これが2047年までにインドが中上位所得国になることができる方法だと思います。

インドが2047年までに中上位所得国になるには、今後25年間にわたって開発アジェンダを実施し、今後25年間で7〜7.5%の継続的な成長率を維持する必要があります。 Bibek Debroy首相(EAC-PM)議長は火曜日に語った。 Debroyは、「India @ 100のための競争力のあるロードマップ」を発表し、生産性は継続的な繁栄の主な要因であると述べました。

彼は「この7~7.5%の成長率で2047年までに20兆ドルの経済になることができる」とし「保守的な実質成長率を見ると、1人当たりの国民所得が約1万ドルに達することができる」と話した。 」

世界銀行によると、一人当たりの国民総所得(GNI)が$13,205以上の国を高所得国といいます。 13,205ドルから4,256ドルの間は中位の所得です。 $ 4,255から$ 1,086の間は中低所得であり、$ 1,086以下は低所得です。

Debroyは「この計算でインドは高所得カテゴリーではなく中上位所得カテゴリーに入るだろう」とし「インド社会の本質が完全に変わることを意味することもある」と付け加えた。

現在、インドはGDPが2兆7千億ドルで、米国、中国、日本、ドイツ、英国に次いで6番目に大きい経済大国です。

ナレンドラモディ首相は今年の光復75周年の演説でインド ビッグシート (または開発された)彼女の独立100周年記念日。

Debroyが率いるシンクタンクInstitute for Competitivenessによって書かれたCompetitiveness Roadmapレポートは、インドの現在の貧困シナリオと過去2年間の感染症の影響を調査しました。

報告書は、多くの分野で強い繁栄の成長にもかかわらず、インドは依然として深刻な貧困に直面していると指摘した。 インドの人口の約20%が貧困線の下にあり、これは懸念事項です。 また、貧困の定義は、貧困線の下に住む人々の正確な数を変更することができると述べた。

しかし、報告書はまた、1990年代初頭に経済改革が採用されて以来、その数値がほぼ45%に大幅に向上したことを強調しました。 また、世界銀行のデータによると、伝染病のため、約7,500万人のインド人が低所得層から貧困層に移動したと明らかにした。

報告書は「貧困水準は落ちたが、不平等は特に2000年以降大きく増加した」とし、この傾向は都市部でより明らかだと付け加えた。

ここでインドは1947年にイギリスから独立した後、第三世界国家に分類されました。 過去70年間、インドのGDPはRs 2.7 lakh croreからRs 150 lakh croreに成長しました。

READ  香港の自由について警告する日本最高の銀行家

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close