ベトナム、日本との関係を最高水準に格上げ

Estimated read time 1 min read

ハノイ(ロイター) – 月曜日、ベトナムと日本は、ボヴァントゥオン(Vo Van Thuong)ベトナム大統領が東京を訪問している間、正式に両国関係を「包括的戦略的パートナーシップ」として改善した。

これらの動きは、中国と西側の貿易緊張の中で、グローバルサプライチェーンの重要なつながりであり、ベトナムの戦略的役割がますます強調されています。役に立っています。

Thuongは、国営テレビで放送されたスピーチで、「これはベトナムと日本の関係の新しい章を開く重要なイベント」と話しました。

日本との関係強化は去る9月ベトナムが米国との歴史的な関係改善によるものです。 当時、以前の敵は半導体と重要な鉱物を含む多数の協力協定を締結しました。

ベトナムは中国、インド、ロシア、韓国、米国など5カ国を包括的な戦略パートナーに指定した。

日本はベトナムの3番目に大きい外国人投資国であり、4番目に大きい貿易パートナーであり、昨年の量子貿易は500億ドルに達した。

キヤノン、ホンダ、パナソニック、ブリッジストーンなどのいくつかの日本の多国籍企業は、ベトナムで最大の外国人投資家の1つであり、これをアジアで最も急成長している経済の1つである地域製造ハブに変えました。

中国とは別の海洋紛争に巻き込まれたベトナムと日本は、2020年にベトナムがパトロール船6隻を建造するために3億4,800万ドルの日本次官契約を締結しました。

(Khanh Vuの報告、Ed Osmondの編集)

READ  日本、福島原発放流水発表
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours