経済

ベトナム、栃木県経済的絆を強化するため

Pham Minh Chinh ベトナム首相と日本栃木県知事は、両国間の経済協力を深めることに合意した。

チンは東京の北に位置する県を訪れ、火曜日に福田 Tomikazu 支店に会った。

技術研修生を含む約8,000人のベトナム人が栃木に居住しています。 19の現地企業が東南アジア諸国で事業を行っています。

チンと福田は、栃木の農産物の輸出を促進し、ベトナムのデジタル分野で人材育成に役立つと述べた。

両首脳は地元の特産品である和牛とイチゴで昼食をとり、経済フォーラムに出席しました。
Chinhは、ベトナムがさまざまな課題を抱えている発展途上国ですが、彼の政府は投資家にやさしい環境を作り出すと述べました。

彼は、相互に有益な経済と貿易関係を促進することを望んでいると述べた。

福田県は記者たちに日本政府と努力を調整しながら、ベトナムとの関係を深めるために県ができることをしたいと言いました。

管理者たちは、県とベトナム北部のヴィンフック(Vinh Phuc)が経済交流に関する了解覚書を締結したと明らかにした。

READ  新型登場ラッシュ価格急落! レクサスIS LS GS中古車市場に大波乱!

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close