理科

ベトナム、AI野望推進のために韓国のネイバーを迎え入れ

ハノイ – ベトナムは今後10年の初めまでに、東南アジア諸国を人工知能の分野のグローバルプレーヤーに変貌させようと国家戦略の一環として、韓国最大のインターネット企業とのパートナーシップを締結しました。

ネイバーグループは、ベトナムの最高機関の一つであるハノイ科学技術大学(HUST)と手を握って、東南アジア初のAI研究センターを首都に設立しました。

新施設は、ハイテク部門を育成し、2030年までにAI研究開発リーダーになるというハノイの目標に重要な役割をすることです。

1月26日、当時首相と現大統領んウェンスオンプク(Nguyen Xuan Phuc)が署名したAIの戦略によると、ハノイ地域に10のセンターとビッグデータの保存と高性能コンピューティングのための3つのナショナルセンターが必要です。

ネイバーにベトナムとのパートナーシップは、AI R&Dのための国際的なネットワークの一部です。 韓国の検索エンジンのリーダーは、2019年のグローバルAI R&Dベルトイニシアチブを開始し、韓国、日本、欧州連合、ベトナムのソフトウェアエンジニアや施設を接続しようとします。

ネイバーは去る8月、ベトナム郵便局工科大学AI投資、開発、訓練に関する協力協定を正式締結した。

センターのHo Tu Bao理事はNikkei Asiaの論評で、「新センターは、ベトナムAI産業の中核施設の一つとなって国の発展に寄与することが期待される」と述べた。

Baoはまた、日本の科学技術研究所の名誉教授であり、AIの野望について政府に助言しました。 Baoは「最初はネイバーがセンター機器をサポートします。韓国、日本、ヨーロッパから帰ってきエンジニアだけでなく、教授もこのセンターに参加する」と言いました。 「ネイバーは、ベトナム科学技術分野をリードする大学であるHUSTと協力することを決めました。」

ネイバーのベトナムとの取引は、AIに重点を置いた韓国企業のベトナム投資の新しい波を示唆します。 サムスン電子が主導した初期投資は韓国をスマートフォン組み立て拠点にした。 サムスンは現在、ベトナムで2つの巨大スマートフォン工場を運営しており、ベトナムでのグローバル生産の半分を生産しています。

産業通商傘下のベトナム産業省によると、サムスンは、ベトナムに173億ドル以上を投資した。

ベトナムは政府のAI戦略が、国内企業と外国人投資家を引き寄せる、韓国の企業と関連するプロジェクトが増加するのを目撃しました。

ベトナムの情報技術グループFPTグループは韓国ハンコムグループとAI開発協力のための覚書を締結した。

一方、大企業Vingroupの一部であるVinAI Researchは昨年、世界で最も先進的なAIシステムであるNvidia DGX A100を配布したと発表した。 AIプロジェクトについて、米国チップメーカーNvidiaと近いうちに、より多くの協力を発表すると予想される。

ベトナムのAI戦略は、1月に共産党総会で定められた2030年の経済目標の主要な部分です。 政府は、ベトナムが2030年までに評判が良いAIブランドやサービスを構築することを望んでいる。

ベトナムは、ベトナム共産党創立100周年を迎える2030年までに近代産業の中流階級の国家となることを目指している。

中産階級国家の1人当たりの国民総所得は$ 4,046〜$ 12,535です。 世界銀行によると、ベトナムの1人当たりGNIは2019年2,590ドルだった。 中間層が高い東南アジア諸国では、インドネシア$ 4,050、タイ$ 7,260、マレーシア$ 11,230などがあります。

ホーチミン市金とかの追加レポート

READ  神奈川で395人が感染し、累計2万人、入院患者も過去最多:東京新聞TOKYO Web

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close