技術

ベトナム企業は、日本のShionogiとワクチン技術移転に同意:国営メディア

HANOI(AFP):二つのベトナム企業が日本の製薬会社ShionogiとCovid-19ワクチンの生産のための技術移転契約を締結したと国営メディアが火曜日(7月27日)発表した。

ベトナムはコロナ19感染急増に直面しており、ハノイと商業の中心地であるホーチミン市を含むいくつかの地域が発症を抑制するために閉鎖された。

人口がほぼ1億人に達するが、東南アジア諸国は、火曜日の基準480万回の分量でワクチン調達および管理が遅かった。

しかし、ベトナムはCovid-19ワクチンの技術移転契約を確保するために、より多くの関心を見せています。

ベトナムの会社であるAICとVabiotechは日本の製薬会社Shionogiとワクチンの生産のための契約を締結したとNguyen Ngo Quang保健省の管理が火曜日に発表したSuc Khoe Doi Songに言いました。

報告書はまた、双方が秘密保持契約を締結しており、保健省は、ベトナムでシオノギワクチンの臨床3相を実施する計画を準備していると伝えた。

ワクチンが2022年6月に市場に投入されることを希望します。

Vabiotech担当者は、AFPとの接触したときにコメントを拒否したが、AICは、すぐに使用することができませんでした。

これは先週、ロシア、ベトナム国営製薬会社であるバーバイオテックとロシア直接投資ファンドとの間の取引に基づいて、ベトナムで初めてスプートニクVコロナウイルスワクチンのテスト配置を生産したと発表した後、出てきたものである。

ベトナムの外交部スポークスマンLe Thi Thu Hangは、ベトナム当局がメッセンジャーRNA(mRNA)のワクチンを生産するために米国の会社と技術移転を議論したました。

彼女は会社名を明らかにしなかったが、今年の第4四半期または2022年第1四半期に生産を開始することができると言いました。

READ  [빠즈도라 일기]多色シーズ私完成形!? 2つの武器で敵を倒す! | AppBank

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close