ベルンは靴のロゴ「アッラー」に似ているという論争の後にリンゴ

Estimated read time 1 min read

クアラルンプール、マレーシア(AP) – 一部のイスラム教徒は、ロゴがアラビア語でGodという言葉を書いたのと似ていると言った後、マレーシアのある靴会社が謝罪し、いくつかの靴の販売を中止しました。

Vern's Holdingsは、いくつかのハイヒールのソールで撮影されたロゴが、スパイラルの足首を包むスチレットヒルのシルエットを描いたと述べた。 しかし、デザインの欠陥によってロゴが誤って解釈される可能性があることは認めました。 会社側は該当靴の販売を直ちに中止し、当該靴を購入した顧客に払い戻し措置を取ったと明らかにした。

ベルンはソーシャルメディアに掲げた声明で「私たちはどんな宗教や信念を浅く見たり侮辱するためのロゴをデザインする意図が全くない」と明らかにした。 「経営陣は謙虚に謝罪し、許しを求めたいと思います。 私たちはこの間違いを正すために思いやりを願っています。」

警察は、月曜日にベルンの店で1,100以上の靴を押収したと述べた。 マレーシアのイスラム業務を担当する機関であるイスラム開発部も、会社設立者であるNg Chuan Hooを召喚しました。

地域のスターの英文新聞は、NGがイスラム教徒のコミュニティに不快感を与え、傷つけたことを後悔すると述べたと引用した。 今回の事件を通じて教訓を得て、今後はさらに気をつけて鋭敏になることを願う」と話した。

イスラム部は、そのロゴがアラビア語で「神」という単語を模倣するために意図的に作られたという証拠がある場合、今後同様の事件が発生しないように法的措置を取ると明らかにしました。

また、企業は国家の人種的統合を脅かす可能性のある機密問題に注意を払うよう求めました。

今回の靴論争は先月、マレーシアの大型コンビニエンスストアチェーン陳列台に「アッラー」という単語が印刷された靴下に対する怒りにつながりました。 KKマートの所有者とサプライヤー代表が3月26日に起訴された。 宗教的な感情を傷つけて イスラム教徒といくつかの店が小型ガソリン爆弾を打った。 負傷者は報告されていません。

宗教は マレーシアの敏感な問題イスラム教徒は3,400万人口の3分の2を占め、中国系とインド系の少数民族が多数含まれています。 神を意味するアラビア語の「アッラー」はマレーシアのイスラム教徒にとって神聖な言葉であり、多くの人がこの言葉を足に関連付けることを不快に感じました。

この問題は、重要なソーシャルメディア投稿がロゴの類似性を強調した後に明らかになった。 宗教当局と警察は、大衆の苦情を受けた後、この問題を調査していると明らかにしました。

一方、以前の出来事に対する緊張感は依然として残っています。 国内2位コンビニエンスストアチェーンのKKマートグループは、サプライヤーが会社が在庫を確保することに合意しなかった品目を送ったと明らかにしました。 サプライヤー設立者は、該当ソックスが大量配送の一部として中国から輸入されたと検査に不注意な点について謝罪した。

マレーシア政府内のマレー民族主義青年派指導者がグループボイコットを促したし、自身が剣を振り回す姿が込められたソーシャルメディアの投稿を通じて扇動の疑いで調査を受けている。

批評家たちは、最後の総選挙で大きな敗北を経験した後、党がマレー系の支持を得ようとすると言います。

READ  ロシア、穀物取引の延長で新たなウクライナ砲撃開始
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours