スポーツ

ベンチで何を話し? 千賀&カイが裏話披露枚オンライン野球教室開催| Full-Count

ソフトバンクは5日の選手が子供たちに野球の楽しさを伝える野球教室「SoftBank HAWKSベースボールキッズ2020 Online」を開催した。 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、今年は「Zoom」を利用したオンライン開催します。 選手たちがオンラインで子供たちに技術指導をしたり、質問に答えて交流した。

オンライン野球教室で子供たちと交流するソフトバンクカイ拓哉(左)と千賀滉大[사진 : 구단 제공]

「ベースボールキッズ2020」をオンラインで開催

ソフトバンクは5日の選手が子供たちに野球の楽しさを伝える野球教室「SoftBank HAWKSベースボールキッズ2020 Online」を開催した。 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、今年は「Zoom」を利用したオンライン開催します。 選手たちがオンラインで子供たちに技術指導をしたり、質問に答えて交流した。

[PR]スランプ時の映像で確認 “広角打法」篠塚和典氏が言うDAZN(ダジョン)活用法

今年のベースボールキッズ選手2人が1組になって、5つのグループに分けて開催された。 今宮健太内野手と森唯斗投手千賀滉大投手とカイ拓也捕手高橋レイ投手と周東佑京内野手石川柊太番手と栗原陵矢キャッチャー東浜巨投手と中村晃外野手で子供を楽しませるした。

仙川カイグループでは、試合中の秘話も明らかになった。 試合中ベンチでよく話しているやりがいのある投手陣。 その内容を質問する千賀は「次の打順で始まるので、どのように行わいくか、以下の時間とその前の攻撃方法を議論している」と答えます。 「コミュニケーションをしてくれるので楽」と捕手が多くコミュニケーションを図るくれること投球にも良い影響を与えていると述べた。

また、危機的状況でマウンドに選手、コーチが集まるシーンにも質問が。 これに対しても千賀が「このシーンをどのようにするか、ですね。どれがいいどれがないのか。単打は良い長打はないとか、そういうの確認事項を話しています」と答えた。

今は野球界を代表する選手が2人。 「ホークスに入団して良かった点」を問われると千賀は「強いでしょうか。入った時から強かったのが良かったこと」カイは「大分出身なので、地域に近い福岡にあるのはうれしい近いので、家族や友人にも見に来てくれる」とと述べた。

(福谷祐輔/ Yusuke Fukutani)

READ  YouTubeはハイライト、選手のコンテンツ、ライブのゲームを促進するために、スポーツのページを新たにデザインしました。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close