ペンタゴンが日本ベースの戦術航空機アップグレード計画を公開

1 min read

米国国防総省

国防総省(DoD)は今日、日本政府と緊密に協力して、日本のいくつかの軍施設で米軍戦術航空機の配置をアップグレードする計画を発表しました。

今後数年間にわたって実施される近代化計画には、日米同盟を強化し、地域的抑制力を強化し、インド太平洋地域の平和と安定を強化するための100億ドル以上の能力投資が反映されています。

米空軍は、計画された売却および近代化の一環として、48機のF-15C / D航空機を置き換えるために36機のF-15EX航空機を配置し、ガーデナ空軍基地での地位を強化します。 合同軍は、この移行期間中、ガーデナ空軍基地で第4世代および第5世代戦術航空機の循環配置を維持し続けます。

米国空軍はまた、三沢空軍基地のF-16航空機を36機からF-35A航空機48台にアップグレードする予定で、これにより戦術航空機の容量と性能がさらに向上します。

海兵隊飛行場(MCAS)岩国では、米海兵隊はF-35B航空機の数を修正し、海軍の電力設計近代化の実装を支援します。 米海兵隊は、MCAS岩国で継続的かつ循環的な航空機駐留を維持し、日本の防衛を支援するために必要な能力を確保します。

日本に合同軍の最先端戦術航空機を配置するという国防部計画は、日本を防御しようとする米国の確固たる意志と自由で開放的なインド太平洋地域に対する両国の共同ビジョンを示しています。

/公開発表。 この資料は原作者/著者の視点的性質を持つことができ、明確さ、スタイル、長さのために編集されました。 Mirage.Newsは機関的な立場や便宜を持ちません。 ここから全体を見ることができます。

READ  タイムリーに接続:台湾と日本が一緒に医療を支援
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours