トップニュース

ホッケーアジアカップ2022ライブストリーミング

ラウンドロビンステージで最も支配的なチームであるインドは、特にターンオーバーで日本が見せたスピードと攻撃性に答えがなかった。 1ピリオド以来、クォータータイムトークで異例の活気あふれたReidが指摘したように、日本は最初にボールをつかみ、中原で50-50対決の大部分に勝った。 インドは4クォーター後半に2ゴールを決めたが、慰安になった。 彼らはすでに日本の攻勢によって飛んだ。 (全文を読む)

スコアライン:日本5(山田翔太1’、藤島ライキ2’、桐下洋志29’、川辺小成35’、岡龍馬41’)がインド3(Dilpreet Singh 17’、Harmanpreet Singh 53’、Hardik Singh 59 ‘)を破った。

READ  村元・高橋組が公式練習で転倒村元が左ひざ負傷 - auone.jp

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close