ホテルショコラ、新日本合弁事業契約締結

Estimated read time 1 min read

小売業者でありチョコレートメーカーのHotel Chocolatは、日本で以前の合弁会社が莫大な費用をかけて崩壊した後、日本で新しい提携関係を結んだ。

このチェーンは、東京に拠点を置くEat Creator Corporationと日本全土に21のHotel Chocolatブランド店舗を含む契約を発表しました。

ホテルショコラは合弁法人持分20%を保有し、ブランドロイヤルティ収入を受けることになる。

Eat Creatorは、「日本の消費者のための食品ブランド開発の成長資本、新しい供給側のノウハウ、実績のある専門知識」を提供すると述べました。

2018年に始まった日本でのHotel Chocolatの以前のパートナーシップは、昨年緩衝液に当たって約2,200万ポンドを償却しました。

これにより、今年6月末までに940万ポンドの税引前損失が発生し、1年前に370万ポンドの利益から減少しました。

当時、パートナーが継続するために膨大な投資を要求した後、合弁事業を再構築する必要がありました。

ホテルショコラは、イットクリエイターとの新しい契約が「日本で最初の4年間の取引から得られたコアビジネスレッスン」を適用することを見るだろうと述べました。

Hotel Chocolatの共同創設者兼CEOであるAngus Thirlwellは、次のように述べています。

続いて「イットクリエイターの材料とホテルショコラの材料を組み合わせて、日本の次の章のための強力なレシピを作ることができることを期待する」と話した。

アンガス・サルウェル(BBC/PA)

Eat CreatorのCEOであるNagasuna Satoshi氏は、「ホテルのショコラブランドが過去4年間にわたって私たちの市場に及ぼす肯定的な影響」を見ていると述べました。

彼は次のように述べています。 始めることができてとても嬉しいです。」

以前に日本市場を開拓しようとする試みは、2020年と2021年にコロナ19によって妨げられ、日本政府は2022年に移動制限指針を復元しました。

3年間、国内で販売と利益が大きな打撃を受けたが、20万人以上の日本消費者登録データベースを保有していると明らかにしました。

イートクリエイターは、ネキ、ソーシャルキッチン、ユニス、バンクカブトーコ、ソングブック、ティール、イーズなど、東京でフードベンチャーを運営しています。

この取引は、ホテルショコラが2022年のグローバル投資計画を統制し、以前の日本合弁事業が問題を経験した年に米国の消費者事業への直接営業を中断した後に行われました。

しかし、取引は英会計年度の売上が23%増加した英国ではより弾力的でした。

READ  レッドブルF1、通常「フェスタッドペᆫヌン今季のオープンに失望している」[F1-Gate.com]
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours