経済

ホンダ、「N-BOX」マイチェン新グレード「コーディネートスタイル」を追加で価格は142万8900円 – Car Watch

「N-BOX」「N-BOXのカスタマイズ」をマイナーモデルチェンジ

ホンダは軽自動車「N-BOX」をマイナーモデルチェンジし、12月25日に発売する。価格は142万8900円〜223万3000円。

今回のマイナーモデルチェンジでは、軽自動車最大の室内空間と走行燃費のよ同じクラスレスの利点はそのままに、所有する喜びをさらに得ることができるデザインに進化。 乗る人すべての個性と生活の幅を広げることを目的とし、製品の魅力を高めた。

N-BOXカスタム
モデル エンジン 変速機 動く方法 価格
エル シリアル3気筒DOHC 0.66リッター CVT 2WD(FF) 1,769,900円
4WD 1,903,000円
Lターボ シリアル3気筒DOHC 0.66リッターターボ 2WD(FF) 1,969,000円
4WD 2,102,100円
前の シリアル3気筒DOHC 0.66リッター 2WD(FF) 1,879,900円
4WD 2,013,000円
EXターボ シリアル3気筒DOHC 0.66リッターターボ 2WD(FF) 2,019,600円
4WD 2,152,700円
Lコーディネートスタイル シリアル3気筒DOHC 0.66リッター 2WD(FF) 1,978,900円
4WD 2,112,000円
Lターボコーディネートスタイル シリアル3気筒DOHC 0.66リッターターボ 2WD(FF) 2,099,900円
4WD 2,233,000円

N-BOXは、ヘッドライトとグリルの形状変更により、より落ち着いた表情で親しみやすい姿にして、上品なメッシュキバウルロアグリルに追加して、広い基調にした。 インテリアは安心感を与えるダークブラウン刷新。 ホワイト加飾やシート表皮を引き立てよう深化させ、ユーザーのライフスタイルになじむように、シンプルで機能性を磨いた設計した。

N-BOXのユーザーは、N-BOXとの違いを明確にするとともに、ユーザーの条件に応えられるよう、豪華な存在感を向上。 外観は洗練されたイメージはそのままに、アッパーグリルメッキを強く立体化するなど、フロントフェイスの突出を強化することに加えて、フロントライセンスを中央に配置してリアメッシュキーも追加した。 インテリアでは、定評のあるブラック内装やシート表皮は継続しながら、マルチブラック塗装の加飾を刷新して深みのある深さを与えており、シートのアクセントは、内蔵全体のトーンを備え、品質に硬派な印象に発展させ所有する喜びを得ることができように高級感、存在感を追求した設計した。

シリアル3気筒DOHC 0.66リッターエンジンを搭載して、自然吸気とターボをラインナップ。変速機はCVTを採用

N-BOX Lコーディネートスタイル

N-BOXカスタムのLターボ

N-BOXのユーザーEXターボ

N-BOXカスタムのLターボコーディネートスタイル

そのほかにも最先端の安全運転支援システム「Honda SENSING」の更新。 後方オ発振抑制機能も利用後方センサーを4つに増やし、後方の障害物の接近を感知して運転者に知らせる駐車場センサーシステムを追加して、駐車時等において、より安心できるかどうかを目標にした。

Honda SENSINGアップデートでは、背面ソナーセンサーを4つに増やし、駐車場センサーシステムを追加

また、N-BOX N-BOXのユーザーそれぞれにコーディネートスタイルを追加しました。 N-BOXは2トーンの色をブラウンの屋根に統一メッキドアハンドルに加えて、新たにプレートホイールを追加します。 内部はダークブラウンのインテリアだけでなく、塗装加飾とシート表皮を茶色のトーンにして生地の良さを引き立てたスタイルにした。

N-BOXのコーディネートスタイルは2トーンカラーをブラウンの屋根に統一メッキドアハンドルとプレートホイールを装着。ダークブラウンのインテリアは塗装加飾とシート表皮を茶色のトーンにして生地の良さを引き立て

N-BOXのユーザーは、ダークメッキ加飾や色を備えたカラークリア仕上げのアルミホイール重厚感のあるスタイルにした。 インテリアはブラックにマルチボルドーの塗装加飾を組み合わせており、ホンダの軽自動車初のフル合皮シートを採用し、高級感のスタイルにした。

N-BOXのユーザーは、ダークメッキ加飾や色を備えたカラークリア仕上げのアルミホイール重厚感を表現しながら、インテリアはブラックにマルチボルドーの塗装加飾を組み合わせホンダの軽自動車初のフル合皮シートを採用し、高級感のスタイルにした

ボディカラーは、N-BOXは「くちばし皿グリーンパール」「クリスタルブラックパール」「ルナシルバーメタリック」、「プラチナホワイトパール」「プレミアムサンライトホワイトパール」「桃の花真珠」「プレミアムダイヤブラウンパール」「タフタホワイトIII」(N-BOX G斜面N-BOX Lスロープのみ)を設定します。

プレミアムダイヤブラウンパール

タフタホワイトIII

N-BOXのコーディネートスタイルは「プラチナホワイトパール&ブラウン」「桃の花真珠&ブラウン」「プレミアムアイボリーパールII及びブラウン」を設定している。

プラチナホワイトパール&ブラウン

桃の花真珠&ブラウン

プレミアムアイボリーパールII&ブラウン

N-BOXのユーザーのボディカラーは「ミッドナイトブルービームメタリック」「クリスタルブラックパール」「シャイニンググレーメタリック」「プラチナホワイトパール」「プレミアムベルベットパープルパール」「プレミアムグラマラスブロンズパール」を設定します。

N-BOXカスタムコーディネートスタイルはホンダの軽自動車初の「プレミアムクリスタルレッドメタリック」を発表した。 「ミッドナイト・ブルービームメタリック&シルバー」「プラチナホワイトパール&ブラック」「プレミアムクリスタルレッドメタリック&ブラック」の3色を設定している。

ミッドナイトブルービームメタリック&シルバー

プラチナホワイトパール&ブラック

プレミアムクリスタルレッドメタリック&ブラック

また、N-BOXに車椅子をそのまま載せスロープ仕様もラインナップされている。

READ  日本の銀行政策は、持続可能な金融を害する

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close