技術

ホンダ、レベル4の自律走行技術テスト中

ホンダ自動車は、新しい交通手段として実用化するために高度に自動化された走行技術をテストしています。

同社は、車両が限られた場所などの特定の条件で自律走行機能を実行できるようにするレベル4自動化技​​術を開発しようとしています。

ホンダは10月に栃木県の東京北試験コースで検証プロジェクトを本格的に開始しました。

この実験は、交通信号、交差点などのデジタル化された道路情報に基づいて高度に正確な地図を作成する技術を完成するためのものです。 これらのシステムは、レベル4の技術が適用された車両が安全に走行できるようにするために必要です。

ホンダは来年初め公共道路でこの技術をテストする計画だ。 2020年半ばには運転席のない車両を利用した乗車共有サービスの発売も狙っている。 ホンダは、ジェネラルモーターズと共同でこれらの車両を開発しています。

ホンダの上級関係者は「安全で、環境にやさしく、エキサイティングなモビリティサービスを通じて社会的問題を解決し、コミュニティに活力を吹き込みたい」と話した。

日産モーターや他の企業も自律走行技術をテストしています。 Toyota Motorは、複数の無人車両を同時に制御するシステムを開発しています。

READ  アップル、App Storeで「ワクチン抑制者のためのチンド禁じ

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close