スポーツ

ホンダ、孤立から離れて電気自動車パートナーに参加

自動車産業の「世紀に一度」変化はHonda Motor Co.を誇りに思う「孤独」のイメージから遠ざかりました。

他の自動車メーカーは、電気自動車(EV)の開発で生産コストを削減し、技術を共有するために協力しました。

今Hondaにもパートナーがいます。

去る3月、ホンダは2025年発売のために電気自動車を作るために年末までソニーグループと合弁会社を設立すると明らかにした。

自動車会社はまた、米国のGeneral Motors Co.とEVのプラットフォームを共有する予定です。

ホンダの青山シンジ(Shinji Aoyama)電気事業担当専務は、朝日新聞とのインタビューで「この電気自動車時代に多様なレベルの協力的努力が重要だ」と話した。

自動車メーカーが直面する課題の1つは、EVモデルを目立たせることです。

ソニーは音楽と映像コンテンツを含む車載サービスを提供すると予想される。

青山氏は、「PlayStationのエンターテイメント機能が自動車に統合されれば、ビジネスの可能性を拡大するのに役立つだろう」と語った. 「それは同様に私たちのエンジニアに大きな刺激を与えるでしょう.」

青山氏によると、一般公衆EVは競合モデルと区別するのが難しい。

主な理由の1つは、バッテリーやモーターを含む電気自動車の主要部品のほとんどを外部のサプライヤーから調達できるためです。

青山氏は、「ユニークなエンジンはガソリン車に差をつけることができるが、EVでは同じことをするのは難しい」と述べた。 「問題は、私たちがデジタル技術を通じて魅力的なサービスを提供できるかどうかです」。

自動車メーカーの最大の課題は、バッテリーやモーターにリチウムなどの高価な希少金属を使用する電気自動車の製造コストを削減することです。

ホンダとGMは、生産と開発のコストを削減するために車両プラットフォームを共有し、部品を共同調達します。

こうした共同の努力を通じて、ホンダのEVは2027年の米国市場で400万円($31,400)以下の価格表をつけ、日本をはじめとする様々な国に販売されると予想している。

EVSに切り替え

Hondaの創設者であるSoichiro Hondaは、技術の独立した開発を大きく促進し、自動車メーカーが長年自立できるようにしました。

2020年3月までは、関連会社であるHonda R&D Co.が製品開発を専担しました。 エンジニアに革新的で柔軟なアイデアを出すよう促しました。

1970年代に米国で排気ガス規制を強化するためにMuskie Actが導入された後、HondaはCVCC(複合渦流制御燃焼)エンジンで要件を満たす最初の自動車メーカーでした。

CVCCを装備したホンダシビックは大きな人気を集めた。

今、製造業者がEVの開発に多大な投資をするにつれて、ホンダにとっても協力はますます重要になりました。

トヨタモーター株式会社はスズキモーター株式会社、マツダモーター株式会社とSubaru Corp.と提携し、Nissan Motor Co.は最大株主であるRenault SAおよびMitsubishi Motors Corp.と提携しました。

ホンダの役員は「ホンダが電気自動車を作る独自の専門性を持っているが、自動車業界以外の企業も電気自動車市場に進出できる。 「私たちは私たち自身の内部障壁を壊さなければなりません。」

Hondaは、2040年までにEVと燃料電池車のみを販売するグローバル目標を設定しました。 この目標は、日本の自動車メーカーの中で電気モデルへの最も果敢な移行を示しています。

同社は2024年に商用電気ミニ車を発売し、電気乗用ミニカーとスポーツユーティリティ電気自動車を発売する予定です。

青山氏は、EVの普及は、十分な数の充電ステーションが設置されているかどうか、および全固体バッテリーがいつ実用化されるかによって異なります。

次世代バッテリー技術は2020年代後半に完成すると予想される。

青山は「電気モデルの完全なラインナップを準備する段階は2030年まで続くだろう」と述べた。 「今後、ホンダだけの自動車を披露し、他のメーカーと競います。

READ  RBCヘリテージプレイオフでジョーダンスピースがパトリックキャントレーを破った

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close