経済

ホンダ、2040年までにガソリン専用新車販売中止

ホンダは、2040年までに全世界でガソリン専用車の販売を中止すると明らかにし、グローバル脱炭消化傾向に対応して、これらの目標を設定した日本初の自動車メーカーになりました。

ホンダは、2030年に40%、2035年80%を目標に、日本、米国、欧州、中国などの主要市場で総販売量の電気燃料電池車の割合を段階的に増やす計画だと金曜日発表した。

日本だけで2030年にガソリン – 電気ハイブリッドを含む新車を完全に電気化することを目的とする割合を20%に上げることです。

現在唯一のEVモデルであるHonda e compactを販売しているHondaは、2024年に小型電気自動車を発売すると発表した。

同年、北米では、ゼネラルモーターズ(GM)と共同で開発した大型EVモデル2種を発売する計画である。 中国では、今後5年以内に10台のEVモデルを発売する計画だ。

ホンダは、一回の充電での移動距離を延長することができるEV用の高度な電池の開発も推進する予定だ。

自動車電気化と安全機能の研究開発を強化するために、今後6年間で約5兆円(460億ドル)を投資する予定です。

ミベ俊弘ホンダ社長は記者会見で「私たちは、高い目標の達成に挑戦する」と述べた。

政府が2050年までに二酸化炭素排出量をゼロに減らす目標を達成するために、2035年までにガソリン専用新車販売を禁止することを目的としています。

自動車メーカーは、IT企業を含む新入企業が競争に参加し、環境にやさしい車にますます集中しています。

トヨタ自動車は、今月にグローバルEVのラインナップを現在の6つから2025年までの15個に増やす計画を発表した。 Nissan Motor Co.は2030年代初めまでの主要な市場のすべての新車に電気を供給することを目的としています。

誤った情報と情報があまりにも多くの時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  日本は今週、大阪と京都で緊急事態を注視し

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close