スポーツ

ホンダ、F1撤退童話にシフトも「フォーミュラEチャムジョンヌン考えていない」[F1-Gate.com]

ホンダは、2021年のシーズンの最後にF1から撤退、おとぎ話、そして2050年の「カーボンニュートラルの実現」に挑戦することを発表したが、フォーミュラEに参戦考えなければと言う。

ホンダは10月2日(金)2021年のシーズンを持ってF1から撤退すると発表。 その理由は、2050年のための「カーボンニュートラルを実現 “2030年に4輪販売の3分の2を電気化するという目標を加速させていくことを挙げた。

「2050年のカーボンフリーのための対応することも重要な課題となりますので、私としては、そこに、特に技術者、技術資源を傾けなければならないということで、社内では参戦を続けなければならないとの意見が多くございますが、大統領として、私の判断をした」とホンダの八郷リュコ社長は語った。

「F1に続く参戦してブランド力を高めていくのか、今回の決定した2050年のカーボンニュートラルのための方向からどのリソースをするのかということは、会社の経営陣で十分に議論を尽くしましたした。その中で、今回の決定に至りました」

「もちろん、F1という課題一つですが、私たち一つの目標であった優勝ということでした。また、残りの七来季より多くの結果を出したいと思います。その途中で環境に対応することも非常に困難であるということで、今後はそこに挑戦していくということで、最後はすべての医師を固め、今回の決定をすることになりました」

現在F1活動をしている技術者、ホンダF1に従事することを夢見て入社した職員もいる。 しかし、八郷リュコ社長はカーボンニュートラルもF1だけ挑戦と捉えてくれると言う。

「F1をしている技術者には、そのF1で培ってきた技術を2050年カーボンフリーに向けて新たな新しい電源装置、エネルギー研究に従事もらい話をしたいと思います。その挑戦とは、F1と同様に非常に困難な課題です。」と八郷リュコ社長は言う。

「その挑戦に挑戦するのも技術者として一つの課題だと思いくれると思いますので、そのような方向にしっかりと身につけた技術を活用管理をしたいと考えて、そんなことをすることホンダに入りたい人が出てくるように、今後、私たち家内は商品、技術を適切に出していき、それを見てみたいと思っています」

モータースポーツでブランド力、特に動画のマーケティングという点で、電気自動車のフォーミュラレースである「フォーミュラE」がありますが、ホンダは電気レースに参戦、具体的に考えていないとしている。

「他の電動レース参戦については、現在、具体的に考えているわけではありません。そして、今回の2050年にカーボンニュートラルであることを掲げました。これは、ホンダの新たな挑戦になるのであれば、その課題にも声援をいただければと思っています」とホンダの八郷リュコ社長は語った。

「モータースポーツというのは、やはり盛り上げていかなければならないと考えています。私たちのF1から撤退することが、他のモータースポーツ、複数の場所でモータースポーツの信仰を広げ行きたい接したので、そういうところで、さらにモータースポーツを日本全体で盛り上げていくことを考えて行きたいと考えています。 “

「ファンの皆さんは、これまでに、今後も応援していただきたいと考えています。今年のまだ7試合残っており、来年にまたシーズン、私たちに最善を尽くしてくれています。次のシーズンには、新しい動力装置投入して、シーズンチャンピオンレッドわずかキャッチしていきたい考えています。これまでの活動については、当初3年間は非常に困難な状況もあったが、それを克服し、これまでに5勝を達成することができました。私たちとしては、ある程度の成果を残すことがないかと考えています。 “

「来年のために、さらに全力を尽くすので、ぜひファンの皆様にはご声援をお願いしたいと思っています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / フォーミュラE

READ  ホンダF1撤退の記者会見(質疑応答)[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close