ホンダが日本でリフレッシュオデッセイを販売開始 – ニュースワイヤー

Estimated read time 1 min read

東京、2023年12月7日 – (JCN Newswire) – Honda Motor Co.、Ltd.は、明日2023年12月8日金曜日に新しくなったOdysseyプレミアムミニバンの日本販売を開始する予定です。 リフレッシュには、デザイン、快適さ、機能性の向上、新しいハイブリッド車の追加も含まれます。 ラインナップに電気タイプのe:HEV ABSOLUTEãf»EX BLACK EDITIONが追加されました。

Odyssey製品サイト: https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/ (日本語)

Odyssey e:HEV アブソリュート・EXブラックエディション

新しくなったOdysseyは、e:HEV ABSOLUTE、e:HEV ABSOLUTE.EX、および新しいe:HEV ABSOLUTEã»EX BLACK EDITIONの3種類でリリースされます。 日本で販売された歴代オデッセイモデルの主な特徴であるセダンのような走行安定性とミニバン特有の異例のスタイルは、低床プラットフォームが可能にしながらも独創的なスタイリングと快適な室内空間をそのまま受け継いだ。 お客様のニーズに合わせて新しい機能を追加することで、さらに改善されました。

毎月の日本販売計画:

1,000個

デザインの発展

新しくデザインされたフロントグリルを採用。 グリル開口部の拡大によりワイドな外観が強調され、5つの水平めっきバーと建築的ディテールの組み合わせが車両の高級感をさらに強化します。 ホンダエンブレムを最前方に配置し、車体前部の突出した姿を強調し、さらに強烈で実感のあるスタイリングデザインを完成した。

新しく追加されたe:HEV ABSOLUTE EX BLACK EDITIONは、ブラッククロムメッキのフロントグリル、ブラックスモークレンズを含むリアコンビネーションライト、マットベルリーナブラック18インチアルミホイール、ブラックループ、フィラーライニングが特徴です。 その他の黒の装飾部品が内部と外部の全体に統合され、日本のホンダ最高級モデルの洗練を表現します。

ユーティリティの高度化

2列には全車種に4方向パワーシートが採用された。 オットマンとリクライニング調整装置の電動化により、座席をより正確に調整でき、顧客がより快適な座席位置に座ることができます。 また、熱線シート、折りたたみ式センターテーブル、ミニテーブルが含まれた肘掛け、シートバルチにUSB充電器(Type-C)を全機種基本搭載し、2列乗客の快適さをさらに高めた。

3列シートは、従来のオデッセイモデルと同様に、あらゆる種類のシートを簡単かつ迅速に床に折りたたむことができ、大容量の貨物スペースと顧客の利便性を提供します。

e:HEV ABSOLUTEã¡¡EXおよびe:HEV ABSOLUTEã¡¡EX BLACK EDITIONタイプ どちらも天然皮革シート、ワイヤレス充電器、ハンズフリーアクセスパワーテールゲートを基本仕様で装備しており、より高い快適性と高い乗り心地を求めるお客様のニーズを満たすします。 品質の感覚。

減速セレクターと電子ギアセレクターを採用

アクセルペダルから足を離すと、ドライバーが減速率(上または下)を調整できる減速セレクターが新たに採用されました。 減速セレクタは、下り坂の走行中や前車との距離を調整するために使用できます。 ドライバーが一本指でスムーズな変速ができる電子ギアセレクターもオデッセイに初めて採用された。

新機能追加とホンダセンシングのさらなる発展

新しいOdysseyは、Honda SENSING(1)の高度な安全およびドライバーサポートシステムを備えており、低速ブレーキ機能、自動ハイビームヘッドライト、および意図しない加速緩和(2)の3つの新機能が追加されました。 また、前方カメラの視野角を広げて衝突緩和制動システムの検知範囲を拡大し、前方横断車両、右折時に近づく車両(左通行)、自転車横断などを検知できます。 夜は前、オートバイ、歩行者。 この進歩により、ホンダセンシングはドライバーを支援し、さまざまな運転状況でより大きな心の平和を提供します。

新しいOdysseyで利用可能なHonda SENSING機能のリスト

1. 衝突緩和制動装置(CMBS)
2. 衝突緩和スロットル制御(3)
3. 後方衝突緩和スロットル制御(3)
4. 低速ブレーキ機能*35. 意図しない加速緩和(2)
6. 歩行者衝突緩和ステアリングシステム
7. 道路逸脱緩和(RDM)システム
8. 低速追従機能を備えた適応型クルーズコントロール(ACC)
9. 車線維持補助システム(LKAS)
10. リードカー出発通知システム
11. 交通標識認識
12.自動ハイビームヘッドライト
13. 四角地帯情報システム(BSI)
14.駐車センサーシステム
15. クロストラフィックモニタリング(4)

ホンダコネクト

次世代コネクテッド技術を搭載した車両内通信モジュールであるホンダコネクト(Honda CONNECT)もオデッセイに初めて採用された。 お客様は、より安心して快適に車を利用できるように設計されたHonda Total Care Premium(5)接続サービスを利用できます。 スマートフォンを利用してエアコンをリモートで制御できる機能、長距離ライディング時の搭乗者の快適さを高める車内WiFi接続など、接続機能はお客様の心の平和と快適さに貢献します。

(1)Honda SENSING機能はドライバーを補助するための機能であるため、Honda SENSINGの個別機能性能(例:認識性能、制御性能)には制限があります。 Honda SENSINGの各機能を過大評価しないで、周囲の環境に常に注意しながら安全運転してください。 Honda SENSINGの詳細については、次のHondaウェブサイトをご覧ください。 https://global.honda/en/tech/Safety_and_driver-assistive_technologies_Honda_SENSING/
(2)工場出荷時の設定では、この機能はオフになっています。 この機能を有効にするには、販売店で特別な機器を使用した個別のセットアッププロセスが必要です。
(3)衝突緩和スロットル制御、後方衝突緩和スロットル制御、低速ブレーキ機能の3つの機能を総称して低速制動制御といいます。
(4) 本システムを利用するにはナビゲーションシステムが必要です。
(5)ホンダトータルケアプレミアムは、お客様が必要に応じて少なくとも1ヶ月から加入期間を選択できる加入サービスです。 このサービスを利用するには会員登録が必要です。 Honda Total Care Premiumサービスを利用するには、Honda CONNECT準拠のナビゲーションシステムが必要です。


ボディカラー

e:HEV アブソルート
プラチナホワイトパール*
プレミアムビーナスブラックパール*
フォーマルブラック

e:HEV ABSOLUTEã»EX
プラチナホワイトパール*
遊星体グレーメタリック*
プレミアムビーナスブラックパール*
フォーマルブラック

e:HEV ABSOLUTEã¡»EXブラックエディション
プラチナホワイトパール*
プレミアムビーナスブラックパール*
フォーマルブラック

*追加料金44,000円あり(消費税10%別途40,000円)

著作権2023 JCNニュースワイヤー。 すべての権利を保有。 www.jcnnewswire.com

READ  日本、他のG-7指導者たちは戦争記念日を記念してロシア制裁を強化しています。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours