Economy

ホンダの新しいEV Honda e、日本での価格と発売日が公開。 欧州よりかなり高い451万円から – Engadget日本版

2019年の秋にヨーロッパで先に発表以降注目を集めていたホンダの新型電気自動車(EV)「ホンダe「日本の車両価格と発売日が発表されました。

基盤となるグレードの価格は消費税込み451万円。 駐車時に自動アシストとカメラ式センターミラーなどの機器が完備された、高度なグレード「Honda e Advance」は、495万円となっています。

参考までに、ドイツのHonda eの価格はそれぞれ2万9470ユーロ(約370万円)と、3万2470ユーロ(約407万円)であることが既に発表された。 日本の日本車だからもっと安くしなければならず、期待していた筆者を含む多くの人々は、残念なお知らせとなりました。

ホンダe

第1期注文受付は8月27日から

年間販売計画台数はわずか1000台と、こちらも日本車らしくない数字です。 2019年に日本で売れたフェラーリは870個とすると、その規模がなんとなく想像されるでしょうか。 また、日本のEVでベストセラー日産リーフ2019年2万台近い台数が販売されています。

Honda eの発売日は10月30日(金)に発表されましたが、上記のような希少性のために、一般的なホンダ車のようふわり代理店に立ち寄って、その場で購入とすることはできません。 ホンダHonda e注文を期間別に複数回に分けて受け入れるとしているからです。

ホンダe

上記のような価格を知っても、いち早く手に入れたい方は、まず、今日8月27日から始まる第1期ご注文受付から注文書に塗装を押す必要があります。 もし第1期の申請間に合えば、2020年11月から順次出荷を開始し、「数百台」(ホンダの発表より)のいずれかを得ることができるでしょう。

ホンダe

グレードに応じて差が機器と最高出力

車両価格に44万円の差がベースグレードと「Advance」が内外装の違いはほとんどありません。 外一目で知ることができるのは、基本的な評価Honda eが16インチブラックアルミホイール前185 / 60R16・後205 / 55R16サイズのタイヤを装着するのに対し、Honda e Advanceは2トンの17インチアルミホイールとフロント205 / 45ZR17・後225 / 45ZR17タイヤの組み合わせになるほど。

また、5つのスクリーンを水平に配置したダッシュボードをはじめ、鏡の代わりに、カメラが搭載されたサイドカメラミラーシステム、格納式ドアハンドル、ガラススカイルーフなどHonda eの特徴的な装備のほとんどは、ベースグレードに標準装備されています。

ホンダe

Honda e Advanceだけの機器になるのは、駐車時のステアリングとアクセル、ブレーキ操作を自動的に制御する「Honda駐車パイロット」とナビ画面に周囲の状況を反映する「マルチビューカメラシステム」、テールゲートに装着されたカメラで後方視界をルームミラーの代わりに、ディスプレイに映し出す「センターカメラミラーシステム」、様々な電子製品を使用することができます100V AC電源と、スピーカーの数が6個で8個に増えた “プレミアムサウンドシステム」など。

あると便利で快適なだが、なくても、あまりにも荒涼とした心ではない機器とも言うことができます。

ここでは、欧州仕様なので、左ハンドルです
▲こちらは、欧州仕様なので、左ハンドルが特徴的なディスプレイなど、日本仕様も基本レベルに引き継がれます

ただし、後輪駆動のHonda eで走行を存分に楽しみたい人に気になるのが、モータのチューニングの違いです。 ベースグレードモーターが100kW(136ps)の最高出力を3,078-11,920rpmで発生するのに対し、Honda e Advanceは113kW(154ps)/ 3,497-10,000rpmされています。

最大トルクは315Nm(32.1kgm)/ 0-2,000rpmと変わらないので、主に市街地での一般的な走行方法を運転者にその差はあまり重要でないかもしれませんが。

航続距離は259〜283km

リチウムイオン電池の容量はすべて約35.5kWhと共通なので、ベースの評価Honda eが一回の充電で283kmの距離(WLTCモード国土交通省審査値)を走行することができるが、より大きな直径の広いタイヤを履くHonda e Advanceは259kmと若干短くなります。

▲16インチタイヤとホイールを装着するベースグレード

ボンネット中央にあるガラス蓋を開けると充電ポートが備わってホンダによると、30分程度の急速充電でバッテリー容量の80%を充電することができること。

35.5kWhの80%であるため、大きな問題がないかのように聞こえるが、比較のために例えば日産リーフe +の62kWhのバッテリーは、80%まで充電するのにかかる時間が約60分。 単に計算すると、ホンダの急速充電のものはやや効率が優れているということです。

しかし、日産リーフe +は、441万1000円からというHonda eのベースグレードよりも安い価格で458kmもの距離を一気に走ることが可能(WLTCモード国土交通省審査値)。 さらに、乗車定員4人のHonda eよりも1人、多くの人が載っています。

充電ポートフード
▲充電ポートボンネットに配置します

既存のファミリーカーに代わり「ファミリーEV」をいち早く心から目指した日産リーフとコストと生産性という現在の問題で果敢に先進的でプレミアム」都市のための小さな高級車」を意味したHonda eはそもそもターゲットユーザー層が明らかに異なります。フォルクスワーゲンルノーはどちらかと言えば、日産方、ミニフィアット500ホンダ性向で見ることもできるでしょう。

限られたコストをどのように使用内燃エンジン車よりもはるかに高い価格を消費者にどのように納得いか – (比較的)手が届きやすい価格帯のEVは、当分の間、この2つの概念に分けられるかもしれません。

関連記事:

言葉もあるほど楽しい – 新型EVホンダeに米国版の記者がいち早く試乗。 欧州版の詳細な仕様も公開

出典: ホンダ

READ  [미국 시황]S&P500が最高値更新、6日連続 - ドル・円は105円台前半 - Bloomberg

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close