経済

ホンダオデッセイが大幅リニューアル! しかしながら、ファンの期待も独自路線! ?[모두의 목소리를 들어 봤다](MOTA) – Yahoo! ニュース

ミニバンといえばガレージが高いのが当たり前の中、あえて車体の高さを抑えたローループミニバンという独特のポジションを確立し、スポーティなデザインが人気を博した「ホンダオデッセイ」そんなオデッセイの5代目となる現行モデルは2020年11月6日、フロント周りのデザイン形状を全面的に改編し、リヤゲート周りのインストルメントパネルも新たなデザインなど、大々的なマイナーチェンジを実施した。果たして新型オデッセイ、トヨタアルファが人気を集めている高級ミニバン部門で新たな旋風が巻き起こせるのだろうか?実際に、一般ユーザーの購入の検討はどのように把握することができますか?ここでは、SNSに挙げられているすべての声を紹介する。

■どこ変わった! ? 新型オディセイウル写真で確認(67枚)

4年ぶりにマイナーチェンジはフルモデルチェンジレベルの全面刷新

今回のマイナーチェンジでは、厚いフードと突出感のある大型銅ルヘ変更しボンネットの高さもエンブレムの先端部付近から約70mm高くなった。 そして薄いヘッドライトを採用することで、より力強さを感じるフロントフェイスヘ進化した新型オデッセイ。 リア周りは、ソリッド立体的なリアコンビライトを採用してメッキ加飾を施すことで、より広く鮮明な形状が引き立つようなデザイン。 裏口の周囲の形状自体も従来に比べて直立させ、3列目シートの後ろのスペースを拡大させると同時に、体全体の形をよりプッシュ強いものとしている。 また、前後方向指示器は、車両の内部から外側に向かって流れるように点灯順次ターンシグナルランプを標準装備して、先進的なイメージと優れた血視認性を両立している。 インテリアは、主にインストルメントパネルの方向を全面的にリニューアル。 上品な質感の加飾パネルを視野に入りやすい上に、また、肌触りの良い柔らかなパッドを手に届かやすい位置に配置するなどインストルメントパネルのデザインを変更しました。 また、コンビメーターの形状変更と大画面10インチナビゲーション採用しており、運転席カップホルダーと助手席のインストルメントパネル上部のボックスの新設など、ユーザーの視線の改善が全面的になっている。 この他にもジェスチャーコントロールパワースライドドアとハンズフリーアクセスパワーテールゲート、予約ロックなどの新しい便利な機能を採用した新型オデッセイの価格は349万5000円〜458万円(消費税込み)となっている。

READ  元パチンコホール店長」はいけない店&モデル」を暴露... 1パチは、損害が?

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close