経済

ホンダ高音1100のリリースにロー&ロングのスタイルの大型クルーザー| 応答(Response.jp)

ホンダは、大型クルーザーモデル「高音1100デュアルクラッチトランスミッション(DCT)」を2021年3月11日、「高音1100」を5月13日にそれぞれ発売する。

高音1100 “Sit back&Enjoy the ride」を開発コンセプトとした、大規模クルーザーモデルである。シンプルでクールなイメージのロー&ロングのスタイルと軽量低重心処理しやすいサイズの車体に扱いやすい出力特性の水冷4ストローク直列2気筒1082ccエンジンを搭載。通勤・通学での週末の長い旅のパートナーとタンデム走行まで、さまざまなライディングを楽しむことができる。

カラーはガンメタルブラックメタリックとボルドーレッドメタリックの2色を設定します。 価格は高音1100が110万円、高音1100 DCTが121万円。

人馬一体の素晴らしいスタイリング

スタイリングは、高音シリーズ「SIMPLE」「RAW(生素材)」「CASUAL」に「SERIOUS」を付与して、排気量に相当する重厚感とライダー乗車状態でもバランスのとれた人馬一体感のあるクールのような割合を実現している。

燃料タンクは、高音シリーズのスタイリングを、上記させながら、丸い形を表現するために、フランジレスプロセスを採用し、ツーリングに十分な13リットルの容量を確保する。

充実の底面にスポーティな走りを実現

スイングアームは、高音シリーズのアイコンである丸パイプ形状を継承。 大型クルーザーモデルに合った直径50.8mm厚のパイプを採用し、広いタイヤと一緒に強力な印象を演出している。

フロントサスペンションは、内部パイプにダークネイビーの酸化チタンコートを施すことで、足元の印象を強めている。 また、下部ケースを2ピース構造とすることで、スポーティさと力強さを表現。 サスペンションダンパーカートリッジ方式を採用し、優れた路面追従性によるスポーティな走りを実現する。

リアサスペンションは、分離加圧式のピギーバックタイプを採用し、安定した制動力を発生。 リア周りのスタイリングに力強さを表現しながら、スポーティな走行でも優れた路面追従性を発揮する。

ブレーキはABSを標準装備。 前面にあるコントロールを発揮してスポーティなライディングを可能にするモノブロックラジアルマウントキャリパーを採用する。

270度の位相クランクが生み出すパルス感

エンジンは1082cc水冷4ストローク直列2気筒を採用。 270度の位相クランクによる不間隔爆発が織り成す、強力なトラクション性能とパルス感、高回転域までスムーズ吹け上がりを楽しむことができる。

変速機は、ライダーのクラッチ操作とシフト操作が不要で、余裕を持ってライディングが可能となるデュアルクラッチトランスミッション(DCT)とライダー自身の操作でシフトチェンジが可能な手動変速機の2タイプを設定します。

ライディングモードは、パワーモードでは、ホンダ選択可能トルク制御、エンジンブレーキ、DCT変速スケジュールを走行状況と路面状況に合わせてあらかじめ設定された3つのに加えて、任意に設定できるモードを用意。 高速道路などでスロットル操作不要車速を一定に保つクルーズコントロールも採用する。

USBソケットとグリップなどの利便性装備も充実

運転席周りではインジケータ類をオフセットして配置された直径120mmの円形陰性LCDスピードメーターを採用。 車両の情報を正確に認知しやすいように、走行情報は、クロノグラフを連想させるレイアウトで表示する。 また、エンジン始動までの所業を備え、キーシリンダーを車体の左側に配置し、コックピット周りをスッキリさせることで開放感を演出している。

シートは簡単で、狭いスタイルを表現するシングルサドルタイプにしつつ、加速時にライダーを保持する形状と長い旅行にも快適なクッション性を備えている。 キー操作で開閉可能なメインシートの下には、容量3リットルの収納ボックスを提供すること3AのUSB Type-Cを装備して、日常を送るにも配慮。 長い旅を快適に楽しむことができるグリップとETC2.0車載器も備えている。

READ  TikTok引数として、中国が「技術の輸出は、当局の承認が必要だ」と規制強化の買収交渉が中断か - GIGAZINE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close