スポーツ

ホンダF1 “異例の形式の叔母という事前のシミュレーションが重要だ」と田辺豊治TD / F1エミリア・ロマーニャGPプレビュー[F1-Gate.com]

ホンダF1のテクニカルディレクターであるタナベ豊治が2020年F1世界選手権第13戦F1エミリア・ロマーニャGPに意気込みを語った。

F1エミリア・ロマーニャGPの舞台は14年ぶりのF1開催されるイタリアのイモラサーキットホンダF1は、最近開催2006年サンマリノGPはジェンソン・バトンとルーベンス・バリチェロを持って参戦。 特に予選で印象的な走行を見せボタンが2回目、バリチェロが3回目となった。

また、イモラの歴史について話すとき、アイルトンセナに触れないことがいかんら。 1994年サンマリノGP予選日にローランドラトチェンバー、そして決勝でセナが死亡悲劇の舞台となった。 イモラ、ブラジルGPと同様に、偉大なF1ドライバーとして名を残すセナの尊重戦う場所になる。

イタリアでのレースは今シーズン3試合ぶりに行われスクーデリアアルファ他、私たちに今シーズン三番目のホームゲームとなる。 最初のモンツァでの劇的なレース展開にピエールオクラホマが獲得した。 続い無題では、アレキサンダーアル本家3位初表彰台された。

「先日行われたポルトガルアルガルヴェインターナショナルサーキットでのレースに続き、今回の週末は、今季3回目となるイタリアでのレースに向かいます」と田辺豊治は「コメント。

「今回のレースが開催されるイモラサーキットはスクーデリア・アルファ乗ったちホンダの工場がファエン車と間近にあり、チームには、文字通り「ホーム」グランプリされる “

「イモラサーキットは長い歴史を持つ高速サーキットとして知られており、2006年までにサン・マリノGPの開催地でカレンダーの常連でした。私も過去にレースのテストで何度も訪れたことがあり、様々な思い出回路です」

「この週末は、F1の歴史でも類例のない2日間開催形式でグランプリが開かれる予定で、土曜日に90分の練習走行を一度した後、午後に予選、日曜日にレースとの形式で、週末に移動します」

「イモラでは、現在のハイブリッド規制でレースが初めて開催されたとき、2日にフォーマットすることで、事前のシミュレーションが重要です」

「忙しい週末になると予想されるが、今年は今までに経験してきたことを生かして、短い事例セッションに対応して適切に予選レースのための最適化を進めたいと考えています。 “

「過去、ポルトガルGPでアストンマーティンレッドブルレーシングのフェルースタトペᆫ選手、スクーデリア・アルファ他私たちのオクラホマ州の選手が持つ力を最大限に発揮して良い試合を見せてくれました」

「今回は4台すべてが力強いレースをした後、さらに良い成績を獲得することができればと思っています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / F1イタリアのGP

READ  大谷2回DH /マリナーズ - エンゼルス戦速報中 - MLBライブ速報:日刊スポーツ

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close