理科

ボイジャー1号が星間空間で「ブンブン音」を検出:レポート

ボイジャー1号地球上で最も遠く離れた人間が作ったものであり、星間空間に初めて入った物体インは科学者たちが起きた」淡く、継続的なぶんぶんうなる音」を検出した。 星間ガス

Phys.org、出版された研究を引用 自然天文学、 宇宙船のプラズマ波動システムが「悪いほぼ真空空間によって生成される継続的な署名」を捉えたと報告しました。

NASA、「責任ある基準を満たしてできない」とモルディブの近くのロケットの残骸地帯以降中国、

コーネル大学の天文学教授であるJames Cordesはこの音を「静かたり弱い雨」と説明した。

「太陽の爆発の場合、それは雷雨で雷が飛び出ることを検出し、滑らかな雨戻ってくるようなものだ」と彼は言った。

この研究を率いている大学の博士課程の学生であるStella Koch Ockerは「私たちは、星間ガスの淡く継続的なぶんぶんうなる音を感知している。狭い周波数帯域であるため、非常に淡く鍛造である」と述べた。

ボイジャー1号のオデッセイは、船とその双子のボイジャー2号が太陽系の巨大ガス惑星を旅しながら発射された1977年に開始された。

木星の巨大な赤い斑点と土星の輝くリングの見事なはがきの風景を再明らかにした後、ボイジャー2は天王星と海王星に飛び込みました。 一方、ボイジャー1号は土星を重力パチンコに使用して冥王星を過ぎ、自らの力を獲得しました。

今、地球から約150億マイル離れています。

FOX NEWSアプリのダウンロード

ボイジャー1号は小型車サイズに過ぎず、磁場、宇宙船、太陽風を研究するためのツールを搭載しています。

このレポートに貢献した関連台

READ  ヘリコプター、消防、日本で2件の山火事と戦う

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close