トップニュース

ボーイング、日本に初のKC-46A給油機インド

ボーイングKC-46Aペガサスは、2019年3月21日、米国ワシントン州シアトルのボーイングフィールドボーイング施設滑走路に座っています。 2019年3月21日に撮った写真です。 REUTERS/Lindsey Wasson

10月31日(ロイター) – ボーイング(BA.N)が中国との緊張が高まるにつれて、米国以外の顧客に空中給油機を最初に導いた最初のKC-46A航空機を日本に導いたと日曜日明らかにした。 日本が防衛費の支出を増やすように刺激する。

日本航空自衛隊(JASDF)は、2017年に初めて署名した契約により、この航空機を引き渡された。 ボーイングは声明を通じてインド太平洋地域で日米協力のための「重要なマイルストーン」と話した。

米空軍とJASDFは最初に1台のKC-46Aの契約を締結しましたが、その後3台のジェット機のオプションをさらに行使しました。 ボーイングはこの航空機を先端センサーが装備されており、他の航空機に給油する際に貨物や乗客を燃やすことができる最先端給油タンカーと宣伝しています。

しかし、米空軍が使用するKC-46ラインは、オンボードビデオシステムの欠陥を含む性能に障害がありました。

日曜日の配達は、アジアにおける中国の軍事主張に対応するために日本に緊張した時期に出てきます。

日曜日の総選挙で過半数を維持して期待を捨てた執権与党は、大衆の中国に対する警戒心が大きくなり、国防費を2倍に増やすと公約した。

日本の軍事戦略は、無人島グループに対して中国政府と紛争に封じ込められた東シナ海の端に沿って領土を守ることに焦点を当てています。

Nicholas P. Brownの報告。 Mike Stone、Tim Kelly、Ju-min Park、Sakura Murakami、Kiyoshi Takenakaによる追加報告。 リンカーンピストの編集。

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  NMB山本軒が卒業発表芸能界引退看護の道 - AKB48:日刊スポーツ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close