トップニュース

ボーイング、日本に最初のワシントン産KC-46Aタンカーインド

2221年10月31日 私たちの約束

初の国際KC-46Aインド

写真提供:ケビンフリン

ボーイング [NYSE: BA] 米国以外の顧客に最初に導かれたワシントン産KC-46Aタンカーを日本航空自衛隊(JASDF)に引き渡しました。

ジェームズ・バージェス(James Burgess)のボーイング副社長は「日本が世界で最も発展し検証された安全な多目的戦闘空中給油能力を持って米国に加わるにつれ、これは日本の航空自衛隊とボーイングにとって興味深く歴史的な瞬間」と話した。 プログラムマネージャ、KC-46プログラム。 「私たちは、航空機ミッションの効率性を確保し、JASDFの成功を可能にするために、日本の顧客と数十年間のパートナーシップを期待しています。」

日本KC-46Aは、JASDF、米空軍、米海軍、米海兵隊航空機に給油することができる。 世界中で、KC-46Aはすでに5,000回以上の出撃を完了しており、ブームとドローグシステムを通じて5000万ポンド以上の燃料を他の航空機に移しています。

ボーイングジャパンのWill Shaffer社長は「日本のKC-46Aタンカーの買収は、インド・太平洋地域でのプログラムと日米協力の両方にとって重要なマイルストーンであり、両国間の安全保障同盟において重要な役割を果たす」と述べた。 「貨物や乗客を輸送できるKC-46Aタンカーは、日本の人道主義と災害救援活動も支援できます。」

多目的多目的タンカーは、18個の軍用規格パレット(463L)を貨物構成で運び、乗客と貨物の混合荷重を受け入れます。 また、日本が公衆の優位性を確保し維持するのに役立つ強力な防御および戦術状況認識システムを備えています。

ボーイングは、ワシントン州エバレットの767生産ラインで米空軍、日本航空自衛隊、その他の国際顧客向けにKC-46A航空機を製作しています。 また、ボーイングの日本パートナーはKC-46Aガス構造の16%を生産しています。

ボーイングは現在、日本用の2番目のKC-46Aを組み立てており、2019年1月に初のインドを皮切りに米空軍に48台のKC-46Aを導いた。

READ  さとみユリア「殺す」と聞くと「殺すつもりはない」と - 事件・事故 - 芸能:日刊スポーツ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close