理科

ボーイングとNASA、スターライナーバルブの問題継続調査

カリフォルニア州、ロングビーチ – NASAとボーイング社は、エンジニアが2ヶ月前に任務を演じたバルブの問題を継続調査することにより、CST-100 Starliner商用乗組員の車両の再調整された試験飛行を開始するために、2022年上半期を目標にしています。

NASAは10月8日の声明で、エンジニアがStarliner船に閉じ込められた13個の推進剤バルブのいずれかを除くすべてのものを解くことができたと言いました。 詰まったバルブ ボーイングの無人軌道飛行試験(OFT)2任務を8月初めに強制延期。 まだ閉じたまま残っている一つのバルブは、意図的に「直接原因分析のために法医学を維持するために、「そのままになります。

分析の結果、バルブが詰まった根本的な原因はまだ明らかにされなかったが、NASAはボーイングが最も有力な原因と水分と社窒素酸化物推進剤との間の相互作用と考えたと明らかにしました。 声明には、水分の源は含まれておらず、「いくつかの確認作業が残っているが是正及び予防処置に着手するほど自信が高い」と付け加えた。

このような努力の一環として、ボーイングの技術者たちは、先月に3つのバルブを部分的に分解し、検査のために、今後数週間のうちに、残りの3つを削除する予定です。 これらの努力は、Starlinerのサービスモジュールの構成要素の「些細な改造」でサービスモジュールを完全に交換することに至るまで、さまざまなオプションを使用してボーイングが新しい発射しようとするため、船を準備する方法を決定します。

NASAは声明の中で次のOFT-2打ち上げの試みが、今年はないだろうと確認した。 「チームは現在のハードウェアの準備、ロケットマニフェストと宇宙ステーションの可用性が保留中の2022年上半期に機会を得るために努力しています。」と機関が言いました。

OFT-2は、進行中の調査とステーションの他の任務のために、今年の飛行する可能性がないということがすでに明らかにしました。 NASA宇宙運営副キャッシュルーサース」年末までのスケジュールとマニフェストは、現在非常にタイトだ」と述べた。 9月21日のブリーフィングで。 「私の直感は、おそらく来年になる可能性がより高いものであるが、我々はまだ、そのスケジュールに基づいて作業しています。 “

NASA市販の乗組員プログラムマネージャーであるSteve Stichは、今後SpaceX Crew-3市販の乗組員の任務のために、10月6日のブリーフィングで同じ評価を提供しています。 「今年OFT-2が飛行する機会はありません。」と彼は言いました。 「駅の観点から見ると、OFT-2のウィンドウを開く来年秒になります。」

Starlinerは二つの港の一つにドッキングするものであり、そのうちの一つは、Crew Dragon宇宙船が占めることです。 他の港は、12月初めから1月初めまで貨物ドラゴン宇宙船が占めることです。 Axiom SpaceのためのAx-1の任務を遂行する商業クルードラゴン宇宙船は2月21日に打ち上げられる予定で、他の港を使用してステーションにドッキングされた一週間を過ごす予定です。

Stichは10月6日のブリーフィングで、車両の準備状態の不確実性を考慮すると、OFT-2の発売日を狭くするには余りにも早いました。 「サービスモジュールのバルブの問題の根本原因を見つける必要があります。」と彼は言いました。 「それができたらOFT-2があるときと、次のからCFTがあるときのパスについて、もう少し自信を持つようになるでしょう。」 CFT(Crew Flight Test)は、OFT-の2に続いて最大3人のNASAの宇宙飛行士が搭乗される有人テスト飛行です。

遅延により2019年12月の元OFT任務と飛行が中止された複数のソフトウェア、および通信の問題を経験した元のOFT任務とOFT-2の間に2年以上が経過してください。 一方、SpaceXはOFT以降Demo-2有人テスト飛行とCrew-1とCrew-2オペレーティング任務を遂行しました。 次のNASA Crew Dragon任務であるCrew-3は10月30日に打ち上げられる予定であり、Crew-4とCrew-5は、2022年に打ち上げられる予定です。

ブリーフィングでNASAは、これらの延長された遅延にもかかわらず、ボーイングを擁護しました。 「私たちは、ボーイング社のチームの信頼を失うことでした。 チームは、バルブの問題の根本的な原因を解決する驚くべき仕事をしています。」とStichは言いました。 「私は、彼らの問題が何であるかを把握して是正するもので、私たちはすぐに飛行に復帰すると確信しています。」

READ  世界最大の巨大な電子天文台瓦解の危機に - Sputnik、日本

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close