ポストファンデミック時代企業の接待費用は大阪と国が1位

Estimated read time 1 min read

日本の企業エンターテイメント支出はコロナ19ファンデミック以降回復されています。

コロナ19事態が落ち着き、取引先の接待、同種業界企業との懇談会など情報共有など社会的交流活動が再び増えている。

テイコクデータバンクは、2022年度の財務諸表を見ると、15万社、500万社員の公開接待費用が職員1人当たり月平均18,192円と前年比20%以上大幅に増加したと推算しました。 2019年度の平均額は23,383円で、10年ぶりに最高値を記録しました。 しかし、コロナ19大流行により人々が娯楽を控えるようになり、2021会計年度には10年ぶりに最低値の16,653円に落ちました。

11月現在、すでに2023年に決算を発表した企業の場合、従業員1人当たりの平均接待費は月約18,400円となり、この支出は2019年度の金額の約90%まで回復する可能性があります。 これは大流行以前の最高レベルでした。

支出額基準では、2022年企業が職員1人当たり「1,000~4,999円」を支出した場合が24.7%と最も多かった。 全体的に、全体の回答者の50.9%が「10,000円未満」と答え、合算した回答者の49.1%は「1人あたり以上」と答えました。 「10,000円」と表示され、10,000円地点でほぼ均等な格差を示します。

2022年度の従業員一人当たりの月面接費

業種別では職員一人当たり59,515円で、不動産が2022年の接待費支出で最も高かった。 これは共に働く建設会社など業界内の幅広い人的交流が原因と考えられました。 経営会社でも同様です。 職員一人当たり月給が20,000円以上の8つの産業の中には「専門建設業」(29,000円)と「自動車及び自転車小売業」(23,707円)がありました。 県別では大阪が28,324円で最も多く、国が25,366円、福岡が23,732円で後に続いています。 これは関西と西部地域企業の接待費が高い傾向を示している。

県別接待費支出

接待費の多い産業(2022年度)

作成者: Nippon.com Teikoku Databankのデータに基づいています。

(日本語翻訳。バナー写真©Pixta。)

READ  バズライトイヤーの最も象徴的なトイストーリーの瞬間
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours