技術

ポルトガル語翻訳、40%外国人学生リストで中部日本学校支援



愛知県豊田市にある保味小学校3年生の山中秀美(右から2番目)と他の学生たちが9月21日愛知県警察でポルトガル語に翻訳され配布された安全なインターネット使用に関するパンフレットを読んでいる。 2021. (毎日/森田彩香)

名古屋 – 東京に続き、日本で2番目に多くの外国人数を持つ日本中部愛知県にある市立中学校は、多くの留学生のために配布された資料や印刷物の翻訳を通じて言語支援を提供しています。 そして彼らの両親、それらの多くは日本語に堪能ではありません。

県豊田市にある保米中学校の学生の約40%が外国人です。 学校は学校生活に関する情報のほか、防犯情報など国民生活に関する情報の翻訳と協力を警察に要請した。 学校はそのような情報を公平に配布したいと言います。

2018年5月1日現在、愛知県の日本語教育が必要な外国人児童は9,100人で、日本の47県の中で最も高い水準です。 一方、トヨタは自動車産業が集中した地域で、外国人労働者が多い。 ホミ中学校に在学中の約320人の学生のうち、約130人が外国国籍を持っており、そのうち90%がポルトガル語を母国語として使用しています。

学校には市町村が運営する「外国人児童学生支援センター」があり、日本語ができるスタッフが常駐しており、スポーツ祭り、数学旅行、旅行について学校で配布するすべてのお知らせやその他資料のポルトガル語翻訳を提供します。 PTA通知と一緒に他のそのようなイベント。

学校によると翻訳が始まった時期は不明だが、2007年の文部科学省は小中古外国人教育風化研究会議で学校を例に挙げた。 就学年齢。

平吹洋子校長は「日本語講師にすべての資料を伝えるのではなく、彼らと来て行き、誰でもわかりやすい方法で翻訳します」と話しました。 また、講師は日常会話に自信がない学生のために通訳を提供し、宿題を見守ります。

一つの問題は、生徒の安全と生命に関する情報を親にどのように伝えるかということでした。 学校は、警察や他の外部機関によって作成された資料を日本語で配布しますが、作成者が意図しない方法で翻訳される可能性があるという懸念で翻訳を控えました。 しかし、数字110と119(日本の警察及び消防・救急サービスの緊急電話番号)の意味すら理解できない親があり、犯罪、事故などで学校に人々が接近する場合もありました。 学校が対応できない問題。

5月に、Hirabukiはトヨタ警察署を訪問し、学校に配布された資料をポルトガル語に翻訳するように依頼しました。 去る9月、警察は都道府県警察庁通訳センターを通じてインターネット安全規則パフレットをポルトガル語に翻訳して対応した。 ブラジル国籍の山中秀美(15)氏は、「両親はひらがなとカタカナだけを聞く。 私たちの母国語で書かれれば親と一緒に読むことができる。 」

翻訳されたパンフレットは、外国人が多く居住している名古屋港区の規準団地住宅開発にも配布されました。 そこに住む32歳のブラジル女性は「母国語になっていて心が楽だ。聞くことができれば子供たちを呼んでもいい(指針に応じて)」と笑って話した。

平吹氏は「重要な情報を母国語で理解することで、子どもたちに適切な指導ができる。そんな努力が他の学校にも広がってほしい」と話した。

(名古屋ニュースセンター、森田彩香の日本語オリジナル)

READ  アナリストは、中国が西太平洋で米国と日本を対戦するのに役立つ3番目の空母を指します。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close