経済

ポーランド、亡命を希望ベラルーシ選手にビザ付与

東京オリンピックに参加したベラルーシの選手が脱北意思を表明して、ポーランド大使館に入国した後、月曜日Twitterにポーランドから「人道ビザ」を付与された。

「Kryscina Tsimanouskayaベラルーシの選手[e] すでに東京では、ポーランドの外交官と直接接触しています。 ポーランド外務省のマルチンプだツ(Marcin Przydacz)国家安全保障次官は「彼女は人道的ビザを受けた」とツイートした。 「ポーランドは彼女が選手生活を続けるように支援するために必要なすべてを行うことです。」 彼は、ポーランド国旗の写真を追加してツイートしました。 そのイメージの後ろに “[Poland] 常に連帯を意味します。 “

短距離選手Tsimanouskayaは日曜日の夜、東京羽田空港から亡命を申請した後、月曜日の夜、東京のポーランド大使館に入国しました。 ポーランドは、これに対応した初のヨーロッパの国でした。

マルチンプだツ外務次官はツイッターに「彼女は人道的ビザを提案受けたい場合は、ポーランドで自由に選手生活をすることができる」と書いた。

Tsimanouskayaは月曜日女性200m試合に出場する予定だったが400mリレー競技を拒否した後、ベラルーシオリンピック委員会によってオリンピック選手村から除外されたました。

Tsimanouskayaは日曜日に投稿されたビデオで「私は国際オリンピック委員会の支援を要請しています。圧力が加わるたし、彼らは私の同意なしに、私海外に連れて行こうので、IOCに介入を要請し」と言いました。

Tsimanouskayaは、空港に運ばれる前に、反政府デモに参加したという理由で拘禁されたり迫害を受ける運動選手をサポートしているベラルーシのスポーツ連帯財団のAnatoly Kotovに電話をかけました。

KotovはNikkei Asiaとのインタビューで、「彼らは日本で亡命資格を付与する準備ができていますがKrystsinaは家族とできるだけ近いようにしたいので、日本に滞在したくありません。彼女の金庫」

日本の外務省は亡命提案についてコメントを拒否した。

脱北は長い間、オリンピックの歴史の一部であり、開催国は、多くの場合、脱出しようとするプレーヤーのために用意されています。 しかし、亡命の提案は、移民法が概ね難民と亡命申請者に非友好的なものとされる日本に高速動作になります。 日本は2020年51人の難民を収容して5年の間に合計216人の難民再定住に他の先進国に遅れています。

ベラルーシ(Belarus)のクリスティーナスカートアヌスカヤ(Krystsina Tsimanouskaya)が金曜日、東京オリンピックスタジアムで行われた100m予選後、反応している。 ©ロイター

去る5月に日本の議会は、自動追放停止を解除し、法執行機関が申請を受理された亡命申請者を送還することができようにする法案を保留した。 この法案に反対は去る3月、スリランカの女性がビザの期間を超えて拘禁されて死亡した後、盛り上がりました。

24歳のTsimanouskayaはチェコとスロバキアもオファーを受けました。 外交部スポークスマンは、「彼女が第3国に政治亡命を希望する場合は、それは主に彼女とその特定の受け入れ国との間の問題になるだろう」と述べた。

選手たちは、以前の国際大会を自国の戦争、迫害や権威主義統治を避ける機会として使用しました。 2012年ロンドンオリンピックの期間中、80人以上の選手と関係者が英国に亡命を申請しました。 これを知って、北朝鮮は2018年平昌オリンピックに参加した22人の選手たちに、それぞれマインドを割り当てた。

最大オリンピック離脱は、ソ連が自国を侵攻し、1956年にメルボルンのゲームで48人のハンガリーの選手が脱出したとき東欧で発生しました。

ベラルーシ人は、昨年の大統領選挙で勝利を主張した後、30年近くの間に執権したアレクサンドル・ルカシェンコ大統領に反対する大規模なデモを行った。

日本もIOCも、今回の選挙結果を認めなかった。 国際グァンチュクトンは「ギャップと矛盾がいっぱいだ」とし「基本的自由の重大な制限」と述べた。 IOCはルカシェンコと彼の息子ビクター国家オリンピック委員会委員長の東京オリンピックの参加を禁止したが、主催者側は、ベラルーシの選手の参加を中止しなかった。

TsimanouskayaはInstagramベラルーシオリンピック委員会がリレーチームのための十分なドーピング検査を確保していなかったと主張し、400mリレーを走るように強要されたました。

Kotovは「私たちは、彼女が出馬する準備ができていない一つの懲戒をより受けることにした彼らの決定のための彼女の批判に対する一種の処罰だと思います。」と言いました。

Kotovによると、ベラルーシの管理者Tsimanouskayaに荷造りの時間を与え、彼女はオリンピック選手村から空港まで監視を受けると言いました。

東京にある国連難民機関は、日経アジア彼女がヨーロッパに移住するために数日かかることがありますので、日本では滞在許可を延長しなければならないと述べた。

東京都のコロナ19予防のヒントに基づいて、オリンピック選手は大会5日前から日本に入国することができ、大会終了後48時間以内に出国することができます。 選手たちは、感染予防のためのオリンピック選手村を残したり、一般人と一致も禁止される。

オリンピックが始まる前に、当局は、日本に亡命を申請するために訓練所を脱出したウガンダの選手を逮捕しました。 重量挙げ選手Julius Ssekitolekoは詐欺の疑いで、ウガンダに戻った後、拘禁されたが後に釈放されました。

READ  「無料」は永遠にないですか? 「Googleフォト」が無制限の保存を終了することを意味| WIRED.jp

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close