スポーツ

ポーランド出馬予定脱北したベラルーシ陸上選手

モスクワ、8月19日(ロイター) – 今月東京オリンピックで脱北したベラルーシの短距離選手クリスティーナスカートアヌスカヤが、ポーランドに出馬することができるよう、ポーランドのスポーツの市民権を申請する計画だと言いました。

24歳のTsimanouskayaは彼女のコーチが紛争後、日本でベラルーシに戻ってと指示したとき、ワルシャワにつかまりました。

2021年8月4日、東京の東成田の成田国際空港から東京駐在ポーランド大使館に避難したベラルーシスプリンタークリスティーナスカートノースカヤ(Krystsina Tsimanouskaya)が飛行機に搭乗して手を振っている。 REUTERS / Issei Kato / File Photo

ベラルーシは昨年の選挙論議で触発された大規模なデモの後、反政府反対派に対する全面的な弾圧に苦しんでいる。

水曜日遅く放送されたRBCテレビのチャンネルとのインタビューで、Tsimanouskayaは、スポーツの市民権を変更するために、3年かかることがありますが、彼女の申請が迅速に処理されることを希望したと言いました。

「私たちは今、ポーランド代表で出場することができるよう、スポーツの市民権を変えようと努力します。」と彼女は言いました。 「私は、ポーランドに残って、ポーランド代表のために競争することを決めました。」

Tom BalmforthとGabrielleTétrault-Farberの報告; バーバラ・ルイス編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本のグランプリキャンセルされるように

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close