トップニュース

ポーランド駐在日本外務大臣、ウクライナ難民収容

林吉正日本外務大臣は、土曜日にロシアの東ヨーロッパ諸国侵攻を避けて逃げるウクライナ人を助けるためにワルシャワに到着した。

林は火曜日に東京に戻る前に、ポーランドの上級管理者と会談し、ワルシャワにあるウクライナの難民の避難所を訪問する計画だ。

2022年4月2日 ワルシャワに到着した林吉正日本外務大臣。 (刑務所)

日本は岸田文夫首相の特使資格でポーランドを訪問中の林が5泊5日の日程を終えれば政府機でウクライナ難民30人余りを日本に乗せる計画だと消息筋が伝えた。

消息筋によると、2月末の侵攻が始まった後、航空料が急上昇し、現在ポーランドにあるウクライナ人が望んでも日本に逃避しにくい状況で日本がこの飛行機を使う計画を立てた。

彼の訪問はまた、戦争で被廃された国で200万人を超える難民を受け入れたウクライナとポーランドを助けるための国際的な努力に対する日本の意志を示すためのものでもあります。

消息筋は、林と一緒に日本に旅行する避難民の数が終盤に増減できると伝えた。

日本移民局によると、日本は3月2日から水曜日まで計337人のウクライナ難民を受け入れた。

日曜日、Hayashiは、日本が臨時事務所を設立したポーランド南東部Rzeszow市で難民がどのように受け入れられているかを観察します。

当初岸田は古川吉久法務相をポーランドに派遣する予定だったが、古川がコロナ19に感染した家族と密接に接触したことが判明し、代わりに林を派遣することにした。


関連する適用範囲:

林、ポーランド巡り後、ウクライナ避難民30人日本に連れて行く


READ  日本のアルファベットは、開幕式のパレードに独特の順序を付与します。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close