マイクフォード、日本ベイスターズと契約スポーツ

1 min read

1塁手で指名打者マイクフォードが日本プロ野球横浜DeNAベイスターズと2024シーズン契約を結んだと該当球団が金曜日に発表しました。 32歳のフォードはもともと2013年ニューヨーク・ヤンキースと非選抜フリー契約選手で契約し、2019年メジャーリーグに進出しながら注目を集めました。 彼はその年の50試合でホームラン12個を打ち破り、OPS .909を記録し、次のシーズンの開幕リストに上がった。 しかし、その後成績が落ちて、彼は決してそのレベルに数値を引き上げることができませんでした。 2020-21年の51試合で打率.134を記録した後、ヤンキースは2021年6月に彼を指名しました。 その後、フォードはサンフランシスコ・ジャイアンツ、シアトル・マリナーズ、アトランタ・ブレイブス、ロサンゼルス・エンジェルズ、シンシナティ・レズで活躍し、チームを移した。 2023年、彼はマリナーズで2番目に活躍し、6月から10月までの83試合で16のホームランと34の打点、.798のOPSを記録し、ある程度成功を収めました。 しかし、マリナーズはシーズンの終わりに彼をエクスポートしました。 Redsが5月下旬に彼を割り当ての対象として指定したとき、Fordはマイナーに戻るのではなく自由契約を選択しました。 Fordは251試合で平均打率0.205、37本のホームラン、89個の打点を記録しました。 –Field Level Media

READ  [JAPAN SPORTS NOTEBOOK] 桐山ゆま、4大陸優勝
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours