理科

マイクロと科学が生み出す美しさを競う「Nikon」s Small World」2020年度受賞作品が発表 – GIGAZINE



顕微鏡を使って肉眼では見ることができないミクロの世界のイメージを競う「ニコンの小さな世界「2020年度の結果が発表されました。画像の美しさだけでなく、「科学の意義」を含む審査された受賞作品が公開されています。

2020 Photomicrography大会| ニコンの小さな世界
https://www.nikonsmallworld.com/galleries/2020-photomicrography-competition

輝く脳、魚の胚、カタツムリ舌の味が顕微鏡写真コンテストで成功| ライブサイエンス
https://www.livescience.com/nikon-small-world-photo-contest-winners.html

◆1位:ゼブラフィッシュ幼体の裏
1位は米国国立衛生研究所のダニエル・カストラ炉氏ブラント・M・ワインスタイン、ばかり・サマー氏等によるゼブラフィッシュの幼体を撮影したもの。 蛍光画像を撮影できる共焦点顕微鏡によって撮影された写真を350枚以上組み合わせて生成され、骨格は青、リンパ系はオレンジ色で彩色されています。


撮影した画像のカストラ炉氏は「絵は美しいだけでなく、ゼブラフィッシュのリンパ管の発達モデルがいかに強力であるを示しています。これらのタイプのリンパ系は、哺乳類でのみ発生すると考えられています。ゼブラフィッシュがあるリンパ系の研究を継続することで、科学界は、薬物試験では、がんの治療に至るまで、さまざまな研究と臨床試験の技術革新を促進することができます。これは、魚は哺乳類、より飼育がはるかに簡単です」とコメントした。

Nikon「s Small World審査委員1人、ディラン・バーネットは「審査の画像を上に押し上げるには、興味深い科学的な視点が必要です。カス寅炉さんの写真は、明快さと美しさ、そして科学的意義がすぐに審査員の注意を引いて審査員全員が参加した唯一の写真であった」と述べたています。

◆2位:カクレクマノミの胚
次は、カクレクマノミ胚を10倍の倍率で撮影したもの。 撮影した、ドイツの出版社に勤務ダニエルノトプ氏によると、左から修正後1日目、3日目の朝、3日目の夜5日、9日目の胚になっているそうです。


◆3位:カタツムリの歯舌
華やかな羽のようにも見えますが、実際には40倍の倍率で撮影したカタツムリ歯舌。 ハワードヒューズ医学研究所のイゴール時とノウィッチ氏によって撮影されました。


◆4位:アーバスキュラ菌根菌の核菌糸
アーバスキュラー菌根菌植物の根と共生する菌の一種。 そのアーバスキュラ菌根菌を63倍の倍率で撮影したのが次の図では、中央付近にあるキラキラした物体は、アーバスキュラ菌根菌の核です。 オタワ大学農業学部和紙レイオス・鼻コリス氏の研究チームによって撮影されました。


◆5位:見たり区蛾の頭
一説によると、「ポップコーンの味」である見たり区蛾を5倍の倍率で撮影したのが次の図。 Saipemのアフマドホーザン氏によって撮影された見たり区ナバンヌン腹案と頭1つ1つまで細かく把握することができます。


◆6位:ヘーベのやけどを負った
赤と青、黄の色鮮やかな粒子が集まった奇妙なイメージですが、これはヘーベという花の手術がある機関である “やく」というもの。屋久は花粉を作り出す機関であり、カラフル粒子はヘーベ花粉です。画像は、ノッティンガム大学生命科学部のロバート・マーカス氏らによって10倍の倍率で撮影されました。


◆7位:細胞内微小管
以下は、ベイラー医科大学のジェイソン・カーク氏によって撮影された63倍に拡大された細胞です。複雑に入り組んだオレンジ色の薄い線は細胞の微小管そして、ライトブルーの円形の物体はを示しています。


◆8位:カメレオンの胚
すでに成人のカメレオンのような姿に成長しているカメレオンの胚を10倍の倍率で撮影したのが次の図。 クイーンメアリー大学の生物化学部アレンカリージョ氏によって撮影されました。


◆9位:海馬で神経細胞の接続
写真の中で白く強調されるのは、脳の海馬ニューロン一つの63倍の倍率で拡大したもので、隣接するニューロンとどのように接続されているかどうかを示します。 撮影は7位にランクしたベイラー医科大学のカーク氏によって行われた。


◆10位:おおミジンコ
次の画像では、大規模なものは体長5mm程度というおおミジンコこの10倍の倍率で撮影されています。 5上記のようなホーザン氏によるもの。


記事の中で紹介した以外にも、11位以降の受賞と入選作品は、次の公式ページに公開されています。

2020 Photomicrography大会| ニコンの小さな世界


2020年度の「Nikon」s Small World」は、写真部門以外にも映画部門コンテストも実施されていました。映画部門の結果は、次の記事で見ることができます。

幻想的なミクロの世界を動画で把握コンテスト「Nikon」s Small World In Motion 2020」の優れた作品が発表されている – GIGAZINE


この記事のタイトルとURLをコピー

READ  乳房切除術を決定する45歳の女性社長の人生観川崎キコ乳がん日記| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close