技術

マイクロソフトがXbox Series X型の巨大な冷蔵庫を制作。 インターネットミームリアル化ファンと材料を楽しむ| AUTOMATON

次世代XboxであるXbox Series X | Sの発売が迫っている中で、マイクロソフトは、有名な影響力にXbox Series X本体を模した冷蔵庫をプレゼントしたようだ。 ラッパースヌープドッグさんとiJustine氏などが現物の映像を公開している。

上記画像は、iJustine氏の「開封李 “の映像である。 ガレージ巨大な箱が出荷された鞘を剥いところXbox Series Xのボックスが出現。 実際に小売店で販売されているXbox Series Xのボックスデザインを模倣しており、仕様などの内容も確認することができる。 そして中にはXbox Series X本体同様、黒ケースが位置。 元のシンプルなデザインですが、Xboxロゴ、フロントだけでなく、背面の端子類と最高委員会の排気口などを再現している。

そして、ディスク挿入口をハンドル代わりに引くと、フロントドアのように開き、冷蔵庫であることを明らかにした。 内部は非常に普通の冷蔵庫であるが、本体内部の照明は、Xbox色のグリーンが使用されたドアを開けると独特のサウンドが鳴っている。 これはXbox Series X | Sの起動音である。 また、電源を入れると、前面のXboxロゴが光っている点も注目すべきである。 iJustine氏は終始興奮姿で紹介しながら、大きすぎて家に入らないぼんやりした表情も見せている。

巨大な冷蔵庫されたXbox Series Xのは唐突な感じがあるかもしれませんが、実は原材料が存在する。 2019年12月に開催されたThe Game AwardsでXbox Series Xが初公開された直後、外信Windows Centralを上記のツイートを記録した。 大きく四角い箱は見た目一部では、冷蔵庫のようだと揶揄する声が高まってインターネットミームされた。 これにより、雑誌記者のMatt Brown氏がPhotoshopで加工してXbox Series Xを冷蔵庫のようなキッチンに固定させたものである。

当時の写真を見て、マイクロソフトのXboxのゲームマーケティング本部長のAaron Greenberg氏は「欲しい!」とコメント。その後、Webアプリケーション “Inside Xbox」に出演したときは、Xbox Series Xを冷蔵庫のように配置したキッチンを背景に使うほど好きだった今回のiJustineさんの公開映像については、「私たちはこれを作らなければならないた。 すべて知っていた」とと述べた

疲労したばかりの次世代機、冷蔵庫だと表現されるのは、通常であれば、快く思わないだろう。 しかし、マイクロソフトは、ファンと一緒に材料に楽しむに否定的な印象をキャンセルした形態である。 そして、今回の実際の形に作られてしまった。

似たような例としては、「Halo Infinite」のゲームプレイ映像に登場したキャラクターCraigが挙げられる。映像公開当時の作品のグラフィック面があまり進化していない批判妙のっぺりCraigの顔は、インターネットミーム化する。これに対してファン問わずXbox事業責任者Phil Spencer氏は、「CraigはXboxの新しい公式マスコットである “と切り返し何かを楽しく変えてしまうのコミュニティを愛していると言っていた。

*スヌープドッグさんもXbox Series X型冷蔵庫の映像を記録した。

ちなみにiJustine氏によると、このXbox Series X型冷蔵庫は、3つの製作され、彼とスヌープドッグさんが1台ずつ所有。 残る1台については、今後マイクロソフトがファンにプレゼント企画を実施する予定だという。 家に必ず一つ欲しいという方は、Xbox公式SNSをチェックすることが良いだろう。 本物のXbox Series XとXbox Series Sは11月10日に発売される。


READ  Switch Lite風が超小型ゲーミングPC「GPD WIN 3」の情報を公開します。 Tiger Lake搭載でAAAゲームを60fpsで再生可能アピール

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close