技術

マイクロソフトは、より大きな13インチ120Hzディスプレイとサンダーボルトを搭載したサーフェスプロ8発表

マイクロソフトは本日、インテルベースのサーフェスプロラインナップの最大のアップグレードであるサーフェスプロ8を発表した。 サーフェスプロ3 7年の間にSurface Proのデザインが変更されたことを見たSurface Pro 8は、より薄いベゼル、Thunderbolt 4サポート、アップグレードされたSurface Slim Pen 2をすっきり収容する新しいキーボードを備えた120Hz表示に移動します。 。

MicrosoftのSurface Pro 8は、Surface Pro Xの最良の部分をほとんど持って来てIntelチップと結合しました。 それ 私たちは、長年待望Surface Pro

Surface Pro 8には、より大きな13インチのディスプレイがあります。
画像:マイクロソフト

Microsoftから呼ぶ13インチPixelSense Flow Displayは、ほとんどの他のSurface Proデバイスで見ることができる12.3インチのディスプレイよりも大きく、解像度も高くなります。 実際にMicrosoftによると、以前よりも11%より大きく、12.5%より明るく11%より高い解像度を提供しています。 ディスプレイは、Dolby VisionとAdaptive Color Technologyもサポートします。 Microsoftは、これを「私たちが作ったものの中で最も技術的に発展したディスプレイ」と呼びます。

より大きなディスプレイはSurface Pro 8の側面ベゼルを減らしSurface Pro Xの近くに見えるようにします。 しかし、Pro 8の画面で最も重要な部分は、今120Hzという事実です。 基本的には60Hzで実行されますディスプレイは、タッチまたはスタイラスの操作のために、動的に最大120Hzにジャンプします。

Surface Pro 8のキーボードには、新しいSurface Slim Pen 2があります。
画像:マイクロソフト

様々なSurface Pro 8モード
画像:マイクロソフト

Surface Pro 8は、Windows 11の新しい動的リフレッシュレート機能を使用します。 動的リフレッシュレートは、Appleの高いリフレッシュレートProMotionディスプレイと同様に動作するので、ディスプレイが操作に応じて、他のリフレッシュレートの間で変動することができます。 Microsoftは、主にこの新しいSurface Pro 8ディスプレイを使用して、デバイスのインクの性能を向上させ、タッチベースのスクロールをはるかにスムーズになります。

今、別のSurface ProシグネチャのキーボードにはSurface Pro Xのキーボードとスタイラスのコンボと同じような新しいSurface Slim Pen 2も含まれます。 スタイラスは、キーボードベースで充電され、内蔵のハプティックモーターを含む複製を試みます。 紙に書く感じ。 この新しいスタイラスは、再設計されたチップのおかげで、待機時間が減り、精度が向上しました。

内部はSurface Pro 8がさらに面白いれるところです。 Microsoftは、最終的にここでThunderbolt 4をサポートして老朽化したUSB-Aポートを削除します。 Pro 8は、2つのUSB-C Thunderbolt 4ポートと充電のための一般的なSurface Connectポートと一緒にいます。 つまり、Surface Pro 8を複数4Kディスプレイに接続し、高速外部ストレージを使用するか、最大外GPUに接続して、このタブレットをゲーム用PCに使用することもできます。

サーフェスプロ8にインク。
画像:マイクロソフト

Surface Pro 8はまた、第11世代クアッドコアIntel Core i5とCore i7プロセッサの中から選択することができます。 商業的な側面では、Core i3オプションとLTEモデルもあります。 基本的なモデルでは、8GBのRAMと128GBストレージ、最大32GBのRAMと1TBのストレージが含まれる。 マイクロソフトは、サーフェスプロ8サーフェスプロ7より40%優れCPUの性能を維持し、グラフィック面では、74%より速い明らかにした。

Surface Pro 8の最大の問題は、バッテリーの寿命です。 マイクロソフトは、それが16時間持続すると言うが、その推定値は、実際の使用に変換されません。 マイクロソフトは本日からサーフェスプロ8の事前注文を受け始めており、価格は1099.99ドルで10月5日に発送される予定です。

READ  黒65V型TVとEcho Show 5が衝動| Amazonブラックフライデー推奨製品 - Engadget日本版

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close