エンターテインメント

マイクロソフト任天堂・SIE 3社が共同声明。 ゲーマーの安全を守る3改造を発表| AUTOMATON

マイクロソフト、任天堂、ソニーインタラクティブエンターテイメント(SIE)は12月14日 “Our Shared Commitment to Safer Gaming(より安全なゲームのための共同公約)」を発表した。Xbox One(Xbox Series X | S)/ Nintendo Switch / PlayStation 4(PlayStation 5)は、現在の(次の)世代機メーカー3社が共同で声明を出した姿である。文書は、次の3点を言及している。

防止:プレーヤーや保護者がゲーム体験を理解し、制御することができるようにする。

本項では、プレイヤーが自分のプレーを制御することができる、と保護者が子供のゲームをコントロールすることができることに主眼が置かれた。 保護者に必要なツールや情報をプラットフォームやWebサイトを介して、より多くのユーザーの保護者に伝達することを目的としている。 同時にプレイヤーを損傷する前に、不適切な行為やコンテンツを阻止するための技術に投資しているかどうかについても言及した。

パートナーシップ:業界・規制・法的機関や地域社会と協力して、ユーザーの安全性を向上させる。

このトピックでは、ゲームの安全のために努力と業界の利益のために、様々な機関と連携することを強調した。 ESRBとPEGIなどの評価機関との協力についても改めて言及した。 また、地域社会と連携して憎悪の行為や虐待、搾取の根絶を目指している。

責任:すべてのプレイヤーに、可能な限り安全なプラットフォームを作成するために責任を持つ。

具体的はまず、プレーヤーが行動規範に違反行為を報告するやすくすることを指しているようです。 報告を受けた場合は、コンテンツを削除するだけでなく、各社のサービスを不正使用することを制限するなどの違反について適切な措置をしていくことが宣言された。 また、各国の現地の法律を遵守して、法的機関の要請に応じてプレイヤーに非常に重要な危険が迫っている場合には、直ちに司法機関に報告することなどを伝えた。

文書の仕上げは、デジタル時代にすべてのゲームのプレイヤーの安全を確保の難しさに言及し、大手3社が協力して、業界全体に臨む意思を示している。マイクロソフトの声明ここ任天堂の声明は、ここで確認することができる。


READ  ポケットモンスター、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンと手を取り合って、「画期的なエンターテイメント」のために

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close