経済

マイナスポイントは、最も使いやすい “PayPay」に決めた – Impress Watch

マイナスポイント登録先はずっと決定疲れていたが……

9月1日にマイナスポイント事業の付与が開始した。 提携先のキャッシュレス決済サービスは、「一つだけ」という制限がマイナスポイントだが、9月に入っても、筆者はまだ登録サービスを決定疲れていた。 「実用性」と「おまけ(金額充電による追加ポイント付与)」などのサービスを選択する要素はいくつかありますが、日頃から「決済はエンターテイメントだ」を持論している筆者としては少しでも “面白い”サービスを選択希望した。

その点では、「1等1,000万円の「くじ引き」「このメルペイやそれより上位の賞金額こそ少ないものの、「100万ウォンが10人に対応する」というPayPay党はエンターテイメント性をよく知っている、非常に良い!ある。

一方、毎年1月にラスベガス参拝の際には、定期的な投資を忘れていないミネラルウォーターの相場師であるシノ純也氏はすぐにメールルーペこれ食いついてている。

人のようなものは面白くないと思う筆者だが、「ラーメンPayPayか……」とも考えたりするのにするとシノさんはTwitterでこのように反応してきてなかなかシャーク触れる感じで素直にPayPayを選択するのもどうかと考えられる。

過半数を選択することは、あまり好みではないが、実際にマイナスポイントPayPay最も人気だ。

ICT総研の調査しかし、このサービスが圧倒的トップである。 いろいろ悩んでいたのだが、仕事に追われるされている中で、8月が終わって文を書くことも、9月1日の深夜だ。 楽しいのいずれかであったくじ引きキャンペーン」マイナスポイントペイペイジャンボ」は8月までに終了してしまい、最終的に後がなくなった。

草地グァンチョルヌン達成しなかったが、「ああもう無難なサービスもいい?」というところ定住した。

ポイント付与が開始される前の8月31日までに参加することができる資格を得ることができた」マイナスポイントページページジャンボ “残念ながら終了した

「支払い金額について25%、最大5,000円」というマイナスポイントだが、25,000円を超えるとは適度に使用場所を選択する必要があります。その点では、温泉街のキャッシュレス化に貢献で、ガードの小さな商店街でも「旗」を参照PayPayは使用において困難なことはまずない。 筆者の度重なる取材でも、多くの場合PayPayが○○Pay率基準になっているなど、業界であることは揺るぎない。

やはりどこに行ってもボールPayPayがなんだかんだ最も使いやすいと思い

READ  ★今日の[강추 결산]ワコム、TDKレーザーテック(10月30日) - 週乗車

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close