Economy

マイナスポイント事業にみると、「私の番号のカード」の普及の限界[스즈키 준야의 Pay Attention]-Impress Watch

9月1日からポイント付与が開始されたマイナスポイント事業

キャッシュレス決済購入金額の25%、最大5,000円分のポイントが付与される「マイナスポイント」事業が9月1日、いよいよポイント付与を開始した。 2021年3月末までの期間マイナスポイント対象となる決済サービスをあらかじめ登録しておくことで、決済時または充電時のポイント付与が行われる。

2019年10月1日から2020年6月末までに実施された「キャッシュレス消費者還元事業」に続くもので、キャッシュレス決済と私の番号を紐付けることで「マイナンバーカード」の普及を狙う試みでもある。

マイナスポイントの詳細については、本誌の過去の記事で何度も腕れているので、そちらを参照してください。 ひも付けるサービスは、基本的に付与されるポイントに加えて、様々な「おまけ」が含まれていたりするので、各社各様で、そのサービスに利用者を誘導する様々な工夫が凝らされていて面白い。

「マイポイント」スタート。 キャッシュレス5000ポイント還元

マイナスポイントは何? 9月の「キャッシュレス取引」に備え

マイナスポイント5千円に「プラス」を受ける決済サービスは?

私の番号のカードを作ってみた。 申請は簡単である。 しかし、1ヶ月かかり

さて、このように政府側の期待を抱いて期待して始まったマイナスポイントだが、実は状況はあまり良くないのではという見方もある。

携帯電話Watch 8月25日の記事によると、この日の会見を行った高市早苗総務大臣は、マイナスポイント」予約番号(マイキーID検索)」が400万人を超えたと発表した。

長官会見内容は、総務省のサイトで公開されているしかし、9月1日の会見は「8月30日現在377万人の申請が9月1日からポイント付与が開始されるので、今後の申請者数が増加すると期待している」とコメントしている。

つまり予約時間に400万という数字が、マイナスポイント付与の予算上限である「4000万」の10分の1に過ぎない。 事業終了来年3月末までに約8ヶ月間が、この速度で上限に達することができるのだろうか?

9月1日の会見高市早苗、総務大臣。 YouTubeで引用

元私のナンバーカードが普及していない

マイナスポイントが有効な決済手段は、一般的なカード型クレジットカードでも(マイナスポイントに対応済みのおよび場合)問題ないので、スマートフォンなどの装置の有無は問わない。 必要なのは、私の番号のカードだけだ。

私の番号のカードは、通知カードさえあれば簡単に申請することがあり(私は証明写真のブースでQRコードを読む申請した)一度私の番号のカードのみ入手すれば、あとは、オンライン通信環境がなくてもコンビニATMなど様々な窓口でマイナスポイントの登録を受けている。 その気になれば入手容易な私の番号のカードだが、果たしてこれがマイナスポイントで「4000万制限」このをほど、8ヶ月の間に普及して印加すると、非常に難しいとすべきである。

筆者が利用した証明写真の撮影にそのまま出し番号のカードの申請が可能な機能を持ったサービスの例

現在、私の番号のカードはどの程度人気があるのだろうか。私の番号のカードの交付状況は、総務省のページで確認することができるしかし、公開されたデータをもとに、過去1年半の累計交付数をまとめたのが次の表である。 9月1日の時点で「2420万枚」という発表があったが、現在の人口カバー率は20%に達していない。

その推移を簡単にグラフでみたが、以前に申請増トリガされる2つのイベントがあったにもかかわらず、これで分かるように増加曲線はそれほど改善されていない。 最初のイベントは、今年4月に10万円の特別定額給付金そして、私の番号のカードを所持していれば、すぐにオンライン申請が可能である特典があった。

しかし、申請が一定数を超えた場合、各自治体の処理能力を超えて、最終的に郵便で申請した人に送金までの期間の差はあまりなかった事例も聞く。

また、メールでもすぐに申請することができるので、私の番号のカード自体の良さが薄かったことも大きいだろう。

2番目のイベントは、今回のマイナスポイントだが、グラフを見てもわかるように、開始直前の8月になってもあまり申請は加速する。

2019年4月1日から2020年8月1日までの私の番号のカード交付数の推移

4月1日から8月1日までの4ヶ月間の差が約291万で、もし同じ速度でマイナスポイント終了まで8ヶ月間の交付数が増え続けた場合、その増加数は約583万。 来年4月1日現在の数字は2,908に値する。 4,000万の達成率は、4分の3未満である。

また、元の現象に2,420万カード発行数にもかかわらず、マイナスポイントの申請数は400のみで6分の1の水準である(16.7%)。

この手のサービス利用者は、1-2%の水準で定着が多いので、個人的にはそれでも比較的高い方だと思いますが、もし私の番号のカード交付することができ、日本全体の人口と同一視したもこの割合を当てはめればマイナスポイント利用は約2,000万人にとどまる。 4,000万という数字は、予算の上限であるが、元の期間の上限に到達することができないというのが筆者の考えである。

問題は、私の番号のカードの普及目標をどこに置いているという点だ。

高い目標

先ほど、総務省のページにアクセスすると、最初に見つかったが、私の番号のカード関連の主題である。

今回のマイナスポイントから開始し、同事業の終了、来年3月からは保険証に利用が可能(予定)、また、将来的には、スマートフォンでの導入が可能だという話もある。 1枚何役としてもされているもので、紛失したときのリスクは非常に大きいが、私の番号のカード1枚あれば、保険証や他の身分証明書も携帯しなくてもというのはゴマウンジかもしれない。

特にスマートフォンの身分証明書の導入は、世界各国での実験中の段階であり、例えば、米国では、いくつかの州では、デジタル免許証が有効な身分証明書として認めている場合がある(国の運転であれば、物理的な免許証を携帯する必要がない) 。 しかし、現在の私の電話番号のカードの数はコンビニで住民票などの印刷することができるほどだ。

総務省のページでは、現在、私の番号のカードを前面に押し出し構成されている

このように、野心と目標は、大きな内番号のカードが、本格的に普及させる場合、積極的なプロモーションのほか、「本当に使いやすさ」と思っている行政サービスとの連携が不可欠である。 先に来年3月末時点での交付枚数機会が2,900-3,000万の範囲に合わせて言ったが、普及が進むほどに成長が鈍化することは明らかで、過半数の壁を破ることは、かなりの困難をもたらす。

米国の社会保障番号(SSN:Social Security Number)が全国民や合法滞在者に付与されているが、重要なのは、紙ペラのSSNカードではなく、SSNという番号自体の常時携帯は必須になっていない。 本来であれば、私の番号も番号だけ有効な施策のだろうが、もし私のナンバーカードにまで足を踏み入れると、それに対応する利点を提示する必要があり普及には限界があると考えている。

新型コロナウイルスの接触を確認するアプリケーション(COCOA)の一連の騒動でも知られたが国は、この手の普及施策を展開する上で決定的にビジョンとプロモーションのアイデアが不足している。

マイナスポイントは、ニンジンを単にぶら下げればくわえてくる層もあり、ニンジン自体に意味を見出し足踏みする層も当然ある。 元ニンジンの存在に気付かない人や、それを食べることができるのかすら認識していない人も一定数いるだろう。 ニンジンが苦手な方もあるだろうが、私の番号のカードの本格的な普及を促進したい場合、これらの層の適切なコミュニケーションのための安定したマーケティングについてもう一度考えていきたい。

私の番号のカードの普及にはまだ大きな障害物がある

READ  レノボYoga 9i発表した。 4K対応2-in-1の新モデル14インチは、次世代Core搭載 - Engadget日本版

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close