マカオ代表団、ツーリズムエキスポジャパン2023でプロダクトを推進

Estimated read time 0 min read

マカオ当局は、都市の国際観光市場の拡大を目指して先週末、日本の大阪を訪問する代表団を手配しました。

代表団は2023年日本観光博覧会が開かれる10月26日から29日まで日本港都市にありました。

代表団の中にはカジノ運営会社、ホテル、旅行会社、航空会社などの代表があり、これらはこのプラットフォームを使って日本側と事業協力を模索したと政府声明が明らかにしました。

日本旅行観光協会、日本旅行会社協会、日本政府観光庁が主催した今回の博覧会には、70カ国または地域で140,000人の代表者が参加しました。

2019年にマカオを訪問した日本人訪問客は295,783人で、日本は特別行政区の上位3大国際市場の一つであり、フィリピンと韓国がその後を継いでいます。

しかし、2023年上半期には22,201件しか記録されていない。

10月からマカオと東京間のフライトは週4回往復に増え、マカオと大阪間のフライトは週5回往復に増えました。

今年7月、観光庁の主線として日本二地域の代表団がマカオの最新製品を研究するためにマカオに飛びました。

READ  元ソロスCIOは、BOJの金利引き上げが日本経済を扶養すると確信しています
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours