トップニュース

マクドナルド、ジャガイモの不足による日本でのフレンチフライ販売制限

供給問題は、出荷の主な経由地であるカナダの洪水とコロナウイルスの大流行が世界中の流通に及ぼす影響によって発生したと明らかにした。

12月24日から12月30日までは、日本全国のお客様に小さなサイズのフライドポテトのみを提供しています。 同社のプレスリリースによると、この期間中は中型および大型McFriesは販売されません。

日本のマクドナルドのTamotsu Hiiro(CEO)によると、同社はカナダのバンクーバー近くの港を通じて北米から大規模なジャガイモを輸入しているという。 彼は「洪水被害」とコロナウイルス関連のグローバル流通網の中断で輸入遅延が発生したと述べた。

マクドナルドジャパン側は「ご不便をおかけして心からお詫び申し上げる」と付け加えた。

供給支障にもかかわらず、12月24日から12月30日まで小さなサイズの「マクドナルドジャガイモ」を提供し続けるため、「航空便整理など代替案」を積極的に模索している。

あるユーザーがソーシャルメディアでニュースに反応した顧客 ツイート、「2021年の全く悲惨な終わり」。
「ジャガイモの欠如 – 二つの言葉でホラーストーリー」他のユーザー ツイート

READ  津波被害学校、追悼の場所に開校

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close