マクドナルド、日本、オーストラリアなど世界中の店舗の運営を中止

Estimated read time 1 min read

東京(ロイター) – 去る金曜日、マクドナルドはシステムの中断により日本国内の多くの店舗の運営を中断し、オーストラリアを含む全世界の一部店舗で技術的中断に直面したと明らかにしました。

日本のマクドナルド・ホールディングス・カンパニー(McDonald's Holdings Company Japan)の広報担当者は、システムの中断により、日本の多くのマクドナルド店舗が直接訪問およびモバイル顧客の注文を中断したと明らかにし、会社はすぐに運営を再開するよう努めていると付け加えた。

オーストラリアのマクドナルド広報担当者は、全国の店舗に影響を与える技術の中断について認識しており、この問題を解決するために努力していると述べた。

この地域のウェブサイトによると、同社は日本全域に約3,000店舗、オーストラリアに約1,000店舗を運営しています。

ニューヨークタイムズは、香港マクドナルド店舗でも「コンピュータシステムエラー」が発生し、モバイル注文とセルフ注文キオスクが動作しないと伝えた。

ウェブサイトによると、ファーストフードチェーンは香港に約245店舗を持っている。

ニュージーランドの160店以上の店舗の中には、中断が報告されています。 同社の広報担当者は、ニュージーランド・ヘラルドの新聞に「レストランが注文処理能力に影響を及ぼすIT問題を抱えている」と述べた。

マクドナルドの香港とニュージーランドは、停電についてのコメントを求めたロイターの要請に答えなかった。 McDonald's Corpはまた、世界中で発生した停電原因に関するコメントの要請に直ちに反応しませんでした。

(ベンガラルのKantaro KomiyaとShubham Kaliaの記者、Jacqueline Wong、Clarence Fernandez、Sharon Singleton、Gareth Jonesによる編集)

READ  日本の田中亮メイ、ボクシングフライ級銅メダル獲得
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours