経済

マクドナルド日本、2億8500万ドルの最高営業利益の記録

東京 – マクドナルド、日本の利益が拡大しており、12月に終了した会計年度の営業利益は前年比10%増の300億円(2億8500万ドル)に達します。 McDonald「s Japanの性能は、ウイルスに悩まされているレストラン業界で優れています。 大流行の逆風にもかかわらず、会社は増加するテイクアウト需要に応えて、収益を拡大しました。

売上高は3%増の2,900億円とみられる。 同じ店売上高は前年比7%増加した。 レストランで食事を選択する人が減り、顧客数は9%減少したが、顧客あたりの平均支出は17%増加した。 売上高と営業利益の両方会社の期待以上でした。 営業利益は、2011年12月に終了した会計年度の前の最高値である281億円を超えました。

テイクアウト配送需要の増加により、顧客あたりの平均支出が増加した。 より多くの人々がCOVID予防措置として、自宅で食事を選択しており、人々は家族のために、一度に多くの食べ物を購入する可能性が高くなります。 休校と最近、在宅勤務の傾向も昼休みにゲストを増やすために貢献した。

ドライブスルー購入も増えています。 日本全国3,000店舗の50%以上では、顧客は、ドライブスルーを介してハンバーガーやその他のアイテムを購入することができます。 全体の店舗の売上高の半分以上がテイクアウトで発生しました。 Uber Eatsのような食事店を通じた配信も増加しています。

マクドナルドジャパンは2014年から2015年までのチキンマックナゲットとチキンナゲットで発見された食べることができないものに関連する問題のために収益が赤字幅に下落した後、テイクアウト、出荷、店頭改造、製品ラインナップのリニューアルを強化するために努力しています。 2019年1月には、顧客がオンラインで注文して決済された食糧を得ることができるシステムを導入しました。

現在、全体の店舗の90%以上がこのシステムを導入しました。 これにより、顧客は大流行期間中に密集している群衆を避けることができました。 マクドナルド(McDonald ‘s Corp.)の営業利益は、12月に終了した会計年度に19%減少し73億ドルを記録した。 McDonald「s Japanの性能は、世界の他の国々が苦労しているにもかかわらず、優れています。

マクドナルドジャパンの1月の既存店売上高は1月8日第二緊急事態が宣言ドゥェオトウムエド2020年1月より19%増加した。

会社は火曜日に結果を発表する予定である。

READ  [日沼 諭史 몸싸움 우연히!]個人スポーツイヤホン決定戦! 会議、自転車、ランニングをすべてカバーすることは? - AV Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close