スポーツ

マクラーレンF1」メルセデスと格差を減らすために、数年かかる」[F1-Gate.com]

マクラーレンF1チーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルウン2021年にチームマクラーレンを魅了されると考えていなければと言う。

マクラーレンは最終戦F1アブダビGPでレースポイントでコンストラクターズチャンピオンシップ3位を取り戻し、今シーズンは、統計的にも性能的にもチームに新たな一歩を踏み出した。

そして2021年にはルノーの代わりにメルセデスF1エンジンを搭載する。

2008年マクラーレンで初F1ワールドチャンピオンを獲得したルイス・ハミルトンは、マクラーレンメルセデスと牛の戦闘に参加して、2021年に三つ巴のタイトル争いになることを望んでいると述べた。

しかし、アンドレアスジーナドールは、メルセデスとの差は、1年で解消するには、あまりにもしながら、チームの「インフラストラクチャ」にも作業が必要であると述べた。 マクラーレンは計画していた新しいプンドンガ約1年遅れている。

「私たちは、現実的であり続ける必要があると考えている。この週末は良い結果とチャンピオンシップ3位という驚くべき結果にもかかわらず、私たちは、自分たちがどのような位置にあるかを正確に知っていると思う」

「前の機械、特にメルセデス機械の間には依然として大きな格差がある」

「最も重要なことは、まず、今年のチームジェームズキーのリーダーシップの下で非常に競争力のあるマシンを生産したことを確認することと思います。昨年に比べて一歩をした」

「パンデミックのすべての課題にもかかわらず、チームがコースに継続的に更新を取得することができる技術と生産における展開にプッシュし続ける、最終的には、機械の性能を向上させるために継続を見素晴らしいものだった」

“そしてもちろん、このトラックが、特定のイベントで3番目に速いマシンがあったことを知ることは、シーズンの良い結末である”

「それでもメルセデスとの差が何なのかは知っている。1年から翌年まで減らすことができるようなものはない」

「私たちは、組織のインフラ面ではまだチームに多くの赤字があることを知っている。まずそこを閉鎖しなければなら “

「しかし繰り返しますが、私たちはこのような赤字をどのように削減したいと思うかについての明確な計画がある。それは時間がかかりる。しかし、チーム側から正しいことをすると、数年以内に、これらのギャップを埋めることができると確信している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / メルセデス

READ  【阪神JF】メイケイエルは「つよかわ "武英トレーナー「今回はずば抜け中間の調整」/トレーニングセンターで秘話| 競馬ニュース - netkeiba.com

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close